週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

愛されたい・認められたい人【メッセージ】

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

人から《愛されたい・認められたい》という人は本当に多い。

本人が自覚していることもあれば、無自覚の人もかなりいる。
『何か大きなことを成し遂げたい』『お金持ちになりたい』『ビジネスを拡大したい』と言っている人に、その理由をトコトン突き詰めると、ほとんどの人はそれが出来れば人から《愛される・認められる》と思っている。

その“人から《愛されたい・認められたい》”の人って誰か?を特定していく。これもトコトン突き詰めたら、ほとんど全て、父親か母親もしくは両方に対してになる。

《愛されたい・認められたい》という欲求の対象は親。と、ここまでたどり着く人はいる。
そこで、大抵のカウンセラーやスピリチュアルとかいう人たちは、「あなたは愛されている」「あなたは価値がある」と言ってアファメーションを教えたり、インナーチャイルドがなんとか、、と教えたり、さまざまな癒しをする。

確かにそれでもある程度の効果はある。
でも《愛されたい・認められたい》という欲求はマシにはなってもなくならない。
それは元々は《愛されたい・認められたい》とは思っていなかったから。

幼少期もしくは赤ちゃんのときに、親に対して何かに失敗したから。
元々、自分は親を⚪︎⚪︎にしようと思って産まれてきたのに、親はそうならない。それが出来なかったから、自分は不十分なんじゃないかと思い始めて《愛されたい・認められたい》という欲求が出てきた。

⚪︎⚪︎に入るのは「笑顔」とか「幸せ」。

【メッセージ】

私は親のハッピーを手伝いに産まれてきた。
私のすることで親に「笑顔」になって欲しかった。
私のすることで親に「幸せ」になって欲しかった。
私の存在自体を喜んで欲しかった。

ただ喜んで欲しかった。
ただ笑って欲しかった。

子育てをする全ての親へ
子供はあなたを笑顔にしたい。それを手伝いにやってきた。

今も《愛されたい・認められたい》と思っている人へ
親を笑顔に、幸せにできなかったのは、あなたのせいではない。親が未熟だっただけ。
今でも親が笑顔になればいいと思う素直な氣持ちでいて、
でも笑顔になるか幸せになるかは親の問題だから、
もう自分が笑顔と幸せでいることに集中して、
子供を笑顔で観て。
かつてあなたがして欲しかったように。

どこの子供でも、誰の子供でもいいから。
子供があなたに微笑み返したら、
そこであなたは満たされる。

am 4:14 サンディエゴにて

読んで良ければシェアして下さい☆

サンノゼ〜サンディエゴ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

サンノゼから飛行機で移動してサンディエゴにやって来た。

サンノゼでは4日間ほぼホテルにいた。4歳の息子くんがめずらしく熱をだしていたから。今まで4年間で2回くらいしか熱など出たことがないのに。出国前日から熱が出だして治まったりまた出たり。
なのでサンディエゴへ移動の前にカードの保険を使って現地の医者へ。結果はウイルス性で喉がやられていると。お薬で3日もすれば治るとのこと。クリニックには薬局がないとのことで、どこで手にいれようかと思っていたらなんと滞在ホテルの隣りはドラッグストア。そこで処方箋の薬をゲット。まるで計画してたのかのようなスムーズさで混乱なく対応できた。

2014-11-12-10-27-08









日本出発のANAのビジネスシートで1人で寝ようとする4歳児


移動が大丈夫なのでチケットをとってサンディエゴに移動。
飛行機はサウスウエスト。日本ではあまり知られていないが、アメリカでは熱狂的なファンが多い。
社員第一、顧客第二」を掲げて超ユニークな経営をしている。



911で全米の航空業界の各社が大打撃を受けているなかレイオフ(解雇)なしで唯一黒字で乗り切る。熱狂的なファンの顧客から会社に多くの寄付が集まったという。世界で最も安全な航空会社10社に選ばれている。
座席は全て同じで、いずれも低料金。席の指定すらない。席はなんと早い者勝ち。チケットにはゲートに並ぶ順番が書かれているだけ。好きなところに座る。
満席だったけど混乱もなく出発。

サンディエゴに到着。
20年前に留学で半年間住んだ町。あれから何回か訪れて永い付き合いになった。
ホテルに入ると凄い騒音、内部を改修工事してるらしい。部屋に入るがこれでは6日間キツイと家族で意見が一致。キャンセルして隣のホテルへ行くことに。キャンセルの交渉中もうるさくて会話しずらい。
フロントが何を言ってるのか聴き取れない。「え?何だって聴こえない」というと、デカイ声で「うるさいからキャンセルするのか?」だって。「That's right」と言うとキャンセルチャージはなしになった。

そして隣のホテルにお引越し。
2014-11-15-07-38-41


















元々、どちらのホテルにしようか迷っていたので、スムーズに移動できた。
さらに何故だかとてもお得な価格で宿泊できることになった。

2014-11-15-13-13-26









読んだらポチッとお願いします

悩むのを止める

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

たまに「悩まないんですか?」と聞かれる。

「悩むよ。今日はどこ行こうかなとか?、何食べようかな?、どの車に買い替えようかな?とか悩ましい。」と言うと、「そういうのじゃなくて、将来とか、お金のこととか、仕事のこととかで、行き詰まるような悩みは?」と言われる。

そういう悩みはここ10年くらいない。
正確に言うとそうのを悩むのは、10年前に止めた。
悩むメリットがない。悩んで良いことが思いつかなかった。
クヨクヨ悩んで良かった〜と思える経験もなかった。

デメリットはたくさんある。時間は取られるし、楽しくないし、健康に悪いし。
何も得することがない。
ギャンブルとか、タバコとかと同じでデメリットばかりだ。
だから止めた。

以来10年間、悩むのを止めて困ったことは思いつかない。
止めて良かったことは、毎日氣分が良いこと、楽しいこと、豊かになったこと、、、、。

ちなみに悩むのを止めるのと、考えるのを止めるのとは全然違う。
タバコを吸うのを止めるのと、息を吸うのを止めるとは全然違う、のと同じくらい違う。

読んだらポチッとお願いします

旅行の目的

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昨日からサンノゼに来てる。

ANAのビジネスクラスでフルフラットだったけど全然眠れなかった。奥さんもあまり眠れず。
息子(4歳)は寝れたようで良かったけど。ビジネスマンに向けた完全に個別の席だったので、1人で大丈夫かと思ったが、心配なかった。

スティーブ・ジョブスの出身もほど近いここは、シリコンバレーの有名IT企業本社が多い。
アップルやインテルにも行ってみようか。

スティーブ・ジョブスは、自分のipadにたった1冊しか電子書籍を入れていなかったことは有名。
それがこの本。

あるヨギの自叙伝
パラマハンサ・ヨガナンダ







もし無人島に1冊しか本を持っていけないとしたら、自分はこの本を選ぶだろう。

今回の旅のメインは、この聖者の寺院に家族で行くこと。
その場所は、何も知らずに20歳の時に留学していた場所から、なんと車で30分位。
この広大なアメリカで車で30分は、偶然ではありえない距離。何事もご縁と導き。

いつもの家族での旅は2週間でも1つのホテルに滞在することが多いが、今回は3週間で様々なホテルを廻る予定。ランクも様々で3つ星から5つ星まで。シリコンバレーから聖地、リゾート地、レゴランド、ディズニーランド、、、とバラエティ豊か。

昨日から滞在のホテルは古き良きアメリカな感じのホテル。
広い部屋をとったけど、レンジやキッチンがついている。
なんとも懐かしい雰囲氣を愉しめる。
となりにドラッグストア、歩いてすぐにベジタリアン対応のとっても美味しいお寿司屋さんがある。
楽しんで行こう。

有り難いこと

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

私はちょうど10年前、仕事を辞めて起業しました。

何のために起業したかというと、豊かさと自由を満喫するライフスタイルのためにです。
今からちょうど20年前に、私は大学を休んでアメリカに留学していました。
半年間働いてお金を貯めて、半年間留学したのです。

留学時代は朝から夜まで楽しいことが中心のライフスタイルでした

その時に満喫した自由と豊かさを、大学卒業後、仕事を始めてから一度も感じることができなくなっていました。
当時は週5,6日、一日10時間以上、楽しくない仕事をしていたのだから当然ですが

そして30歳(10年前)になった時、このままでは、もう一生あのようなライフスタイルを体験することは出来ないかも知れないと思いました。だったらまた半年だけでもいいから同じような感情になれるライフスタイルを味わいたいと感じたのです。

誰から応援されることもなく(母親を除く)、仕事を辞めて入ってくるお金もなく、コネも当てもなく、誰に相談することもなく一人で決めて、一人でスタートしました。

あれから10年経ちました。

10年間ずっと豊かさと自由を満喫するライフスタイルが継続しています。
10年間ずっと苦労も挫折も失敗もなく、我慢も下積みもなく。
こういうことが本当に有り難いことだと思います。
スタートは一人で。次は夫婦で。子供が産まれて家族で。拡大継続中です。

20年前、留学しました。
10年前、起業しました。
5年前、結婚しました。

今月は家族で私が留学していたカリフォルニアに行ってきます。

お金持ちになれる本

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

11〜12年位前にこの本を読んで会社員でいることが馬鹿らしくなって、現在に至る。
12年振りに内容を全面改訂したらしい。

今、読んでも新鮮だ。




成功に努力も苦労も失敗も要らない

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

何か成功するために努力も苦労も失敗も要らない。
苦労するのは、ただ正しい方法を知らないだけ。

例えば、自転車に乗るのを覚えるために苦労して練習したり、何回も転んだりする必要はない。

4歳の息子に、自転車に乗る正しい練習をしてから乗り方を教えた。
初めて支えなしで乗ったにも関わらず、5分も掛からず一人でスイスイ乗れるようになった。
一度もこけることなく、ずっと笑顔で楽しそうだ。

unnamed[2]









unnamed[3]









小さい子供は素直だから簡単にマスターする。
無知な大人が苦労とか努力とか失敗が重要だと教えるまでは。

ただし、ほとんど誰もやったことのないことを成し遂げようとするのなら、正しい方法は誰も知らないから失敗もするだろう。しかしそれが苦労と感じるなら、そのことに向いていないのかも知れない。


「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思うよ」 ― 所ジョージ


家族の在り方

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

うちの家族の考え方はチーム。
何のためのチームかと言えば、メンバー(私、奥さん、息子)の幸せのため。メンバーの豊かさ、楽しさ、喜び、を最優先させるため。
あらゆることをチームで話し合いながら決める。もちろん、現在4歳の息子も、もっと幼い時からチームに参加して、貢献して、あらゆることを一緒に決める。例えば、住む場所、仕事内容、遊びに行くところ、食事、旅行、買い物、、、。
全員の要求が満たされる。私は奥さんと息子にいつも幸せであって欲しいし、奥さんは私と息子にいつも幸せであって欲しいし、息子はパパとママにいつも幸せであって欲しい。なので利害が衝突することもなく、最高のチームワークで毎日幸せで豊かで楽しい。
家族のために犠牲になるという発想は全然ない。

そして、それぞれに個人的な時間もキチンととっている。

《ありのまま》でいいか?

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

4歳の息子が『アナと雪の女王』が好きだから主題歌もよく聴く。好きといっても息子は絵本で読むだけで、せっかく買ったブルーレイは、刺激が強いのか観たがらない。

主題歌もヒットしてるからか《ありのまま》でいいという考えが広まってるらしい。

以前から思ってたけれど、何かしら悩んでいる人は本当に今の自分の《ありのまま》いいか?
そもそも《ありまま》でよくないから、なにかしら悩み始めたのだと思うけど。
「なんだ《ありのまま》でいいんだぁ」ってしばらくは納得したように思えても、全然何も解決してないから、また悩み始めると思う。

映画の中でも『ありのままで』を歌ってるエルサは、その後《ありのまま》では全然良くなくなり、また悩む。そして物語の終盤に、かつて自分の力を恐れて【本来】の愛を封印した《ありのまま》の自分ではなく、妹に対する【本来】の愛を思い出して、【本来】の自分に戻ってハッピーエンドになる。

今の《ありのまま》の自分をしっかり理解することは、とても大事だと思う。
それで何か支障があるのなら、本来どうなってたらいいかしっかり決める。
それだけでも物事は望む方に進む。

例えば自分の場合は、11歳くらいまで運動が全く苦手だった。生まれつきの脊椎の異常で生後6ヶ月で手術を受けたから、当時は常にギックリ腰のような状態だった。
ある時、運動が出来ない《ありのまま》を自分をしっかりと見直した。その時までは、自分は医者から歩けないかも知れないと言わたくらいだから仕方がないと思っていた。だが《ありのまま》の自分を見直した時、その《ありのまま》の自分で一生いることは絶対に嫌だった。

苦手だけどもっと運動はしたかった。その時、神さまからもらった【本来】の自分の身体は、もっと丈夫なはずだと氣づいた。それまで痛みのために避けていたあらゆるやりたい運動をやり始めた。それから【本来】の自分の身体だと感じるレベルになるまでは、時間はかかったが、今では自分のやりたい運動は、やりたいレベルでできる。先日、肺活量を測ったら6.5Lあった。

自分の場合は《ありのまま》でいいのは、現状維持したい時だけだ。

夢と犠牲

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

「夢や、やりたいことを実現するには犠牲がいる」とたくさんの人が思ってる。
個人的に、この考え方は全く理解出来ない。

自分の一番やりたいことを一番優先することは、犠牲なのか?
犠牲と言うなら、毎日一番やりたいことを優先せずに、それ以下のことを優先する方がよっぽど犠牲にしているように思う。毎日、自分の夢や、やりたいことを犠牲にしていると。

社長の仕事

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

先日、知人の家で某メーカーの社長に偶然逢った。
遊んでいる息子に近寄って来たので、「こうくんが好きな◯◯作っているところのおじさんだよ。」と言うと、その社長さんは急に方向を変えて「いあや〜ちょっと、、」と何やらブツブツ言いながら、遠ざかってお酒の席に戻って行った。割と有名なメーカーの社長さんで、本も出しているし、テレビにも出ていてるので顔も出ている。

社長に親しい人に聞いた話では、最近売り上げが落ちているそうだ。
実際に社長に逢ってわかった。売り上げが落ちるのは当たり前だと。
目の前に自社の製品を買っているお客さんがいるのに、会社の代表自ら逃げていく。これでは自社の製品からお客が逃げていくのは当たり前。

社長の唯一仕事は、会社の方向を決めること。取引先でも、重役会でもなく、お客さんを基準に決めること。直接、お客さんと接する絶好の機会を無駄にしている。
この社長さんは何を基準に方向性を決めるのだろうか?

社長は全然会社に来なくても良いし、遊んでいてもいい。ただ24時間会社の方向性を考えて、それを決定すること。これは社長にしか出来ない。

ヴァージングループの創始者のリチャード・ブランソン氏は、自社の航空会社の飛行機に乗る時、必ず乗客全員と握手をして感想を聴くそうだ。そして問題点が見つかればメモをとって、すぐに改善するように意思決定する。

ソフトバンクの孫社長は、ツイッターでお客さんとやりとりして、要望や改善点があれば実現するように意思決定する。

伸びる会社の社長は、ちゃんと社長の仕事をしてる。

お金は不足しない。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

お金は不足しない。絶対に無くなることはない。
なぜなら、お札は国立印刷局で、貨幣は造幣局で毎日毎日休むことなく作ってるから。
世の中に十分に行き渡るように作っている。決して枯渇することがないように。

なのになぜか、多くの人はお金には限りがあって不足するものだと信じている。
そして今回の人生の限りある時間と、不足することのないお金を交換しようとする。

お金が不足することはない。

例えば、異性に縁がない人は、異性の数が不足しているからだろうか。
男も女も一生かけても全員に会えないくらい数はいる。毎日生まれている。
現在のところ決して不足することはない。もし、異性に縁がない人が「男が足りない」とか「女が不足している」とか言ってたら、変な感じがするだろう。それは原因じゃないんじゃないかと。
「男(女)は世間に溢れているのに、なぜ自分のところに相手がやって来ないのか?」を自分に質問することから始めればいいと思う。

お金に縁がない人は「お金が足りない」と普通に話している。
それは原因じゃないんじゃないかと。
「お金は世間に溢れているのに、なぜ自分のところに充分にやって来ないのか?」を自分に質問することから始めればいいと思う。


テレビの真実

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

「テレビは真実を伝えない」とか、「やらせだ」とか色々言われているけど、何か根本的な勘違いがある。

まず、どの業界での一緒だけど、お客さんのためにサービスしている。テレビ業界にとって、視聴者はお客さんではない。お金を払ってない。なので基本的には視聴者のためにキチンとした番組にする必要をそんなに感じていない。そして、視聴者からのクレームなどもそんなに氣にしていない。お客さんではないから。
もちろん、NHKとかwowowとか視聴者から直接お金をとっている場合は別だけど。

どの業界でも同じだけど、氣にしているのはお客さんのこと。
テレビ業界が一番氣にしているのは、お客さんであるスポンサー企業。
彼らが自社の宣伝広告のためにお金を出してくれるから、テレビ業界は成り立っている。
テレビ業界が氣にしているのは視聴率。視聴率さえ高ければ、番組内容がいい加減だろうが氣にしてない。テレビ業界が視聴率を氣にするのは、スポンサーが氣にしているから。たくさんの人が見てれば、それだけ宣伝になるし、視聴率が悪ければ次からお金を出さないかも知れない。

当たり前だけど、お客さん(スポンサー企業)の都合の悪い報道は絶対にしないし、お客さんの意向に沿う番組内容になる。真実かどうかよりも。


グアム

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

続き。グアムのその他。


水牛には、1歳の頃から自ら乗りたいと意思表示して乗ってきたから余裕。

DSC04539
























バスの運転席に乗せてもらった☆
去年はジェット機のコクピットにも載せてもらったな。
http://blog.master-takao.com/archives/52210029.html

DSC04683














マラソン後は水浴び☆

DSC04488


















完走の記念にホテルスタッフからプレゼント。
この後も何度もプレゼントをもらう。

DSC04508


















プレゼントの一部と。実際はもっと貰ってる。
どこに行ってもいつもたくさんプレゼント貰えるのは不思議だ。

DSC04740














最後は大好きなミッキー&ミニーが大量にあったのに驚いた顔。

DSC04687















グアムマラソン

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

前回の続き。

今回のメインイベントはグアムマラソン。
奥さんが初10km挑戦する、それを聞いた息子は自分も5kmに参加したいと。
3歳の挑戦はどうなるのか?

前日にゼッケンなどの準備。

DSC04372DSC04376


















まだ暗い朝5時スタート☆
大人に交じって走る。スタート時は笑顔。

DSC04450DSC04449


















途中は真剣。そして汗だく。4月でもグアムは暑い。

DSC04452DSC04455


















そしてバテた。
途中何度か抱っこしてと言われるが、「全部自分で走ったよ」ってみんなに言うのと、
「途中は抱っこしてもらった」って言うのと、どっちがいい?と聞くと、
必ず「全部自分で走るわ」と答えるので、結局1度も抱っこなし。

DSC04458














自分はまだゴールしてないけど、他の選手を応援する。

DSC04461














ラストスパート、もうすぐゴールだ。

DSC04466



















そしてついに。。。

DSC04470























完走のメダルを貰ったよ☆

DSC04473DSC04486




















グアム

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

ちょっと前だけど、4月に10日間ほど行ったグアム。
いつものようにプライベートとビジネスはごちゃ混ぜ。クライアントさんと途中一緒。

まず海は最高☆
DSC04626


















プールも最高☆

DSC04774DSC04358










部屋から眺め最高☆

DSC04767










部屋で家族にオレンジジュースを作る3歳児(写真時)

DSC04557










今回のグアムのメインイベントのため事前登録へ。
その内容は次回に☆

DSC04370



















読んだらポチッとお願いします

本物

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

お試しも、無料体験もない。
自分たちを安売りする氣は全然ない。
集客もしない。営業もしない。
宣伝もしてない。

それでも「自分たちの話を聴きたい」という人にしか話す氣がない。
自分たちは、誰かの真似でもコピーでも、パクリでも偽物でもない。


沖縄&グアム

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昨日、沖縄から帰ってきた☆
今回は息子の園もあるので6日日間の滞在。

前半は島で合宿を行った。参加者は自分たち家族も入れて総勢13名。
とても楽しかった☆正直、自分たち家族だけで来るよりもずっと楽しかった。
息子はもうすぐ4歳になるので4番の日本代表ユニフォームを参加者から貰って、とても喜んでいた。

DSC05359









自分たちが楽しむことをプライベートでもビジネスでも一番優先している。
いつでも、どこでも、あらゆることに、それを適用している。


DSC05303













場所は、周囲7kmほどの島なので自然がいっぱいだが、油断は禁物!

後半は那覇市内でゆっくり☆



DSC05438













プールも貸切だ☆

次回は4月に行ったグアムのことを書こう☆

プライベートファミリーカンパニー

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

プライベートファミリーカンパニー。私的な家族の会社。

自由で豊かなラフスタイルにはとても便利です。
自分たちが興味のあること、好きなことをビジネスにして、休みは家族都合で取り放題。
ほとんどのことを経費で賄えるので節税効果も抜群。
これからの時代にとても有効だと感じる。

実際、奥さんと私で有限会社と株式会社をそれぞれ持っている。
10年前に起業した有限会社は当初、自分のプライベートカンパニーとして作った。数年前に奥さんに代表取締役を変わってもらって、自分は新しく株式会社を作り代表取締役になった。
2つの会社をうまく機能させて、とても豊かに自由に生活できている。

プライベートファミリーカンパニーについては、また何かの機会に作り方、メリットなどを伝えていこうと思う。

知識、情報

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

ほとんどの問題は、キチンとした知識、情報の欠如が原因です。
逆に言えば、キチンとした知識、情報があれば、ほとんどの問題は避けられます。

金銭的、人間関係、ビジネス、健康・・・ありとあらゆる問題のほとんどは、キチンとした知識、情報があれば避けれるのです。キチンとした知識、情報を学ばない限り、何回も同じ問題が起こります。

自分が現在していること、これからしようすることに関して無知であると、問題が生じる可能性が高くなります。特にあらあゆる契約書(婚姻届も含む)等に署名捺印する場合は、キチンとした知識、情報は必要です。そうでないと大きな問題になる可能性あります。

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント