週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2005年07月

豊かに生きる為の4つの力。その

 
4日連続シリーズ、3日目です。
 
 
今日はお金の知識です。
 
「世の中、金じゃねぇョ」とはいいますが、実際に今の世の中では、お金が多いか少ないかで、受けられるサービスのオプションの数が違いますね。
 
お金を多く持っていればファーストクラスで海外旅行も行けるし、病気の時には最高の設備のある病院で治療を受けられます。
 
金さえあれば…なんて状況は人生の中で何回か出会うのもですね。
 
 
しか〜し、お金が不足するという事
 
はありえないと、あるメンターから教えて貰いました。
 
お金は実在しない。足りないのは別のものであると。
それでは何が足りないのかというと、
 
 
.▲ぅ妊不足
 
 
▲灰潺絅縫院璽轡腑麌埖
 
 
自信不足
 
 
ぐ媚峽萃衂埖
 
 
ス堝杏埖
 
 
だそうです。
 
実際にはこれらが不足している為に、結果的にお金が不足するという事態になるのであって、上の5項目させ不足しないようにすれば、お金が不足することはないのだそうです。
 
ではまた明日!
 

豊かに生きる為の4つの力。その

 
 
昨日からの4日連続シリーズ、2日目です。
 
行動力!
 
行動力が大事なのは言うまでもありませんよね。
素晴らしいビジョン・目標があったところで、行動に移さないと全く意味がありませんからね。
 
行動力の問題は主に3つのタイプがあります。
 
本来はビジネスでのことなんですが、
 
ちょっと男女関係に当てはめて考える
 
と面白いですよ
 
 
 
〇廚だ擇辰篤Г濬个擦覆ぁ
 
 
このタイプは周りの人の目や批判、失敗を恐れてしまい、せっかく良いアイデアが湧いても行動に移せません。行動力に問題がある多くの人がこのタイプですね。好きな人に告白できないタイプですね。
 
 
∪果が上がらないのに
 
同じ事をやり続ける。
 
 
このタイプは今やっていることが、うまくいっていないのに辞める事ができません。“今までやってきたんだから”という理由だけで、うまくいっていないのに、いつまでも今やっていることを辞められない。
うまくいってないのに別れられない男女のようですね。
 
 
いろいろと多方面に手を
 
出し過ぎて集中できていない。
 
 
このタイプは行動力に溢れていますが、思ったことをすぐに実行するあまり、いろいろと多方面に首を突っ込んでしまい、結局どれにも集中できなくなってしまいます。まあ浮気男のような感じですね。
 
 
と、ざっとこんな感じです。あなたはどのタイプでしょうか?
え?1人の男(女)に尽くすタイプだって?
いや、別に恋愛観のことじゃなくて…
 
また明日!
 
 

豊かに生きる為の4つの力。その

 
豊かに生きる為にとても重要なことが4つだけあります。
この4つさえ押さえておけば、人生は必ず豊かで幸せになりますよ。
今日から4日連続で、それぞれを特集してみましょう!
 
 
〔棲里淵凜ジョン・目標
 
 
行動力
 
 
お金の知識
 
 
ぅ灰潺絅縫院璽轡腑麈塾
 
 
 
まずは〔棲里淵凜ジョン・目標からです。
 
ほとんどの自己啓発の本で、明確な目標は取り上げられていますね。
つまり、それほど大事なんです。特に今の時代には。
 
高度成長時代以降の日本の経済は上りのエスカレーター、時代の流れに普通に乗っていれば会社も個人もそこそこ豊かになれました。
上りのエスカレーターは徐々に加速していき、バブルに突入してからはスピードはMAXに。しかしバブル崩壊後、日本経済は下りエスカレーターにスイッチが切り替わったのです。
 
先日訪れたイタリアでは、中国人観光客の数は日本人観光客の数を遙かに上回っています。前回の8年前にイタリアに行った時には考えられない比率です。バブル崩壊以降、時代の流れに乗っていれば段々と生活のレベルは下がっていくようになったのです。
 
 
そこで明確なヴィジョンと
 
目標が必要なのです。
 
 
時代の流れになんとくなく乗っているだけでは、生活の質は確実に下がっていきます。自らが考えて判断する必要が出てきたのです。
 
 
明確なヴィジョン・目標を持っ
 
いないと、生活のレベル
 
がっていくのです。
 
  
下りのエスカレーターは徐々に加速してきています。
スピードが速くなって降りられなくなる前に、明確なヴィジョン・目標を持って、自らが進むべき方向性を決めましょう!
 
 

感情を抑え込まない

 
 
感情をコントロールすることは豊かで楽しく生きる為には重要な事です。
 
多くの人は怒りや悲しみ、不安などの否定的な感情が出てくると、なんとか抑え込もうとしたり、無視しようとしたりしますが、これは良い方法ではありません。
 
一時的に否定的な感情を抑え込むことに成功しても、抑え込まれた感情は必ず何かのきっかけで戻ってきます。しかも以前よりもパワーアップして。
 
もし否定的な感情が出てきたら、そのエネ
 
ルギーを発散しましょう!
 
無視したり、抑え込んだりせず、怒りを声や動作で発散したり、悲しければ泣いたり、不安であれば書き出してその不安を認めてみたり、なんでもいいのです。
 
但し、否定的な感情を人にぶつけると、
 
必ず返ってくるので辞めましょう!
 
 
 
 

こどもな人達

92a5b316.JPG
 
 
←共に旅行をしていたエドウィン師匠です。
 
 
彼はTOP10に入る曲も作ったこともあるプロのミージシャンであり、カウンセリング・セラピストでもあります。クリントン元大統領、アンドレアガシ、マイクタイソンなどをコーチングした世界的なコーチ、アンソニーロビンスのセミナーでもゲスト講師として活躍もしています。
 
さて、そんなエドウィン師匠ですが彼の行動は予測は全くつきません
あっちこっちに興味がいくらしく、しょっちゅう行方不明になります。
 
こどものようにを離すと、すぐにどこに行ったかわかんなくなります。
純粋なところも正にこどものようです。
ジェームス師匠もそうですね。
 
しかしこの自然児が一旦、ピアノの前に座り、弾き出すと周りの空気が一瞬で変わります。
 
ものすごい!!
 
ピアノの素人が聞いてもすぐにわかります。
モナコのレストランで何気なく彼がピアノを弾き始めた瞬間に、レストランの雰囲気は
 
一瞬で変わりました!
 
 
とにかく、うまいとかいうレベルではありません。
ピアノってこういう音がする楽器なんだと初めてわかったような感じです。
 
しかも!!
 
美しいメロディなんですが、なんと即興で弾いているですね〜
二度と聴くことの出来ない、その場だけの音楽に聴き入ってしまいました。
 
スゴイ人達は、こどものままの感覚をもっているからスゴイのかも知れないと思ったのでした。
 
 

交渉をする前に大切な事

さて日本に到着です。
旅の振り返りで気づいた事を報告していきましょう!
一つ目はパリ発ベネチア行きの飛行機の乗り継ぎに間に合わなかった時のことです。乗るはずだった飛行機に、前の便が遅れてしまい私達は乗り損ねたのでした。
 
何とか次の便に私達の6人だけは乗れるとのこと。残りの5人はキャンセル待ちでキャンセルがなければ、その次の便でいく手配となりました。
 
そして結局、ジェームスを含む6人は次の便で先に行き、私達4人はその便で行く事になったのでした。
 
その次の便まで結構暇だなぁ〜などと呑気に考えていたんですが、エールフランスのカウンターに席を確認しにいくと、
 
なんとビックリ!
 
 
「次の便が空いてれば乗れるけれど最終だから席がなければ明日の朝ね〜」などと平気な顔でのたまうではありませんか!!
 
 え〜!!
 
「約束が違うじゃない!!」といくら言ったところで、対応している人がさっきと違い何を言っても席がないの一点張り。
 
初めはやさしく交渉して、なんとか席を空けて貰おうと頑張っていたのですが、段々とエキサイトしてきて「ふざんけるなフランス人日本人をなめるな!」とばかりにタフな交渉へとなっていきました。
 
「席がないから無理!あれば何とかするけど、無いものは無いから絶対に無理!!」
と相手も2人がかりで応戦
 
我々は絶対に今日中にベネチアに行く!
 と一歩も引かずに交渉すること1時間。相手もこちらの強行な態度に段々と押されてきたのか、あちこちに電話をかけまくり調整を始める。
 
相手は「席が無いんだから、ディナー、宿泊、朝食付きでなんとか折れてくれ」と言い出す。
 
熱く交渉をしていた我々も、しばらくしてからふと「今からベネチアに行って深夜に到着するよりもパリで一泊して遊ぶ方が良いんじゃないか?」という事にようやく気づき始める
 
「パリで一泊して遊ぼうよ」ということで全員一致。
 
しか〜し、相手は我々のさっきの勢いに押されて、かなり真剣に席を確保している様子。そしてしばらくすると
 
「なんとか席を確保したぜ
 
と笑顔でやって来た。
 
「あれ、いやパリで遊ぶことにしたんだけど…」とは、さっきあれだけ強行な態度で今日中にベネチアに行く!と主張していただけに言い出せなかったのでした
 
そして我々はグッタリとしてベネチアに着いたころには深夜
おまけに荷物は到着せず…
 
戦争に勝って得るものはなし、とはこの事ですね。
 
そこで得た教訓は、
 
「不可能に思われることでも絶対にやり抜く強い意志があれば可能である」
 
そして、
 
「しかしその前にどんな結果が欲しいのかのオプションをきちんと確認すること」
 
我々が冷静になっていればタダで食事・宿泊付でパリで遊んでいられたのにベネチアに着く事しか考えていなかった為に、交渉に勝ちはしたが、労力を使って得るのもがなかったという結果になってしまったのでした。反省。
 

ローマにて

5de0362c.JPG
さて、いよいよ旅も終わりに近づきました。
 
←カウンセリングのエドウィン師匠
 
今回の旅はジェームス・スキナー、エドウィン・コパード、その他に経営者の方やプロスポーツ選手らとここまで一緒にきました。
 
パンプローナに始まり、モナコ、ヴェネツィア、ヴェローナ、そしてローマ。
良い仲間と行けば、たくさんの気づきがあって旅行はいいものですね。
 
今回はかなり豪華な旅だったので、世界のお金持ちの考え方も学べました。彼らは私達とそれほど変わらない、しかしやはり違うところはあります。それはまたこのブログの中で報告しますね。
 
 

ローマの起源

d875c821.JPG
ローマに来ています。
伝説では雌オオカミの乳で育てられた双子の兄弟の一人、ロムルスが紀元前753年にパラティーノの丘に都市を建設したのが始まりだと言われています。
 
古代ローマは隆盛を極めますが、紀元4〜5世紀頃に急激に没落します。
どれくらい没落したかというと人口が100万から5万人に減ったという事です。すごい落ちぶれようですね。
 
現在の遺跡がある場所は土の下に埋もれてしまっていました。
 
それを中世に掘り出したところ、遺跡や宮殿、財宝などが出土し、観光の資源がザクザクと出てきたんですね。
 
宝物は案外と自分たちの足下にあるのだという事ですね。

ベニスの

7738e449.JPG
めっちゃ風がきもちいい!ベニスです。
水の町、そして古くは商人の町として有名なここベニスですが、現在は完全に観光の町ですね。
 
あと有名なのはベネチアガラスとベネチア国際映画くらいでしょうか?
 
カクテルのベリーニの発祥の地、ハリーズバーもありますね。
本場ではやはりとってもおいしかった!
 
こちらは夜10時頃まで明るいですが、お店の大半は7時頃に閉まってしまいます。商人の町といっても大阪とは随分違いますね。
 
しかしこちらの人の方が人生を楽しむといった点では、遙かに上手ですね
。特に“おやじ達”のカッコイイのには日本人は見習わないといけないですね。
結構な年齢になっていてもオシャレですよ、こちらの“おやじ達”は。
 
ちょいと見習って、カッコイイおやじを目指そうとベニスで誓うのでした。

豊かな人達

42a8f984.JPG
旅行も折り返しになりました。
 
一緒に旅行しているエドウィンは全米トップ10にも何曲か入れた事のあるトップミージシャンです。彼がピアノを弾けば周りの空気が変わりますね。
 
昨日は元トップモデルでモナコ国王の友人でもある方と一緒にお食事をしました。ヴァンサンカンという雑誌に8月から連載されている人なので帰ったらチェックしてみようと思います。
 
こちらに来ると思うのは時間の感覚が日本人と全然違います。
 
2〜3時間かけて食事をします。
料理が出てくるのも基本的に遅いです。のんびりしていますね。
 
ここにいるお金持ち達は時間を楽しむことだけに使っていますね
 
日本人が一番苦手な意識ですね。
 

幸せな人達

ce05ab36.JPG
ちょいと話は前後しますが、パンプローナでの牛追い祭りでの写真です。
闘牛用の牛がパンプローナの町を駆け抜けて行きます。
 
近くで見るとハンパではない大きさで、角でやられれば死ぬのはわかりますね。
 
そして祭りでの人の多さにも驚きます。
この町に集まってきた人は、まったく寝ません。
一晩中どんちゃん騒ぎをしています。
 
夜も10時くらいまで明るいので、なんだか時間の間隔も鈍ってきますね。
 
そしてこちらのパンプローナの人は人懐こくてメッチャ親切です。
 
相手が何をいっているのか全然わからないくても、平気で話しかけてきて食べ物やワインを分けてくれます。
 
今いるモナコの人とは、また感じが全然ちがいますね。
 
しかし共通しているのはどちらの人達も、日本人より遙かに人生を楽しんでいますね。
 
とにかく表情が違います。笑顔です。
 
「人生は楽しむ為にある」ということを実践していますね。
もっと見習わなくては!
 
 
 
 
 
 

パンプローナ、モナコより

c4129aa8.JPG
こちらはモナコの朝7時30。
 
←ホテルからの眺めはこんな感じです。ゴージャスなモナコのホテルの中でもホテル・ド・パリはモナコで最高のホテルです。ホテルの手前の一般道はモナコグランプリ時にはF1カーが走ります
 
一言でいってモナコの町は最高ですね
 
昨日はこちらのプライベートバンクにお邪魔していろいろとお話を聞いてきました。モナコでは直接税(所得税など)がない為に世界中のお金持ちが集まってきます。住民になるにはどうすればいいのかなども教えてくれました。5〜10億くらいは持っていないとここではハッピーには暮らせないとか・・・
 
プライベートバンクといっても銀行とは全然思えない雰囲気の建物で元はジャックリーン・ケネディ・オナシスの邸宅だったそうです。
 
一昨日までいたパンプローナの町とは全く雰囲気が違うこのモナコ。
現在、私の中では京都以外で住みたい町ランキングの1位まで上がってきました。
 
 
 
 
 

ヨーロッパ旅行

345345a6.jpg
突然ですが2週間、ヨーロッパに行ってきます。まずはスペインへ行ってパンプローナの牛追い祭りに参加します。
牛に突かれないように気をつけて走ってきます
 
インターネットが通じる環境であれば映像なんかもアップしていきますのでお楽しみに
 
足を痛めているので若干心配ではありますが、初日の牛追い祭りで怪我をしてしまうと、残りの日程がパーになってしますので、絶対に牛の角突きだけはかわしていきます。
 
ではいってきま〜す
 

人生の意味

仕事上いろんな人の悩みを聞きます。
そんな中で意外に多い悩みは「自分は本当は何をしたいのかわからない」、「やりたい事がわからない」といった人生の意味がわからないという事です。
 
ずっと自分探しをしている人もいれば、今まで何も考えずに突っ走ってきて、ふと振り返って何がしたいのかわからないという方もいます。
 
自分が「何を求めていて、何がしたいのかわからない」ので答えを知りたい、人生にの意味を知りたいという人が意外に多いのです。
 
そんな相談を持ちかけられると決まって次のように言うようにしています。
 
 
人生の意味を問うことは出来ません。
 
あなたは質問する側ではありません。
あなたは質問されて答える側です。
 
あなたは“人生”から「あなたはこの一生をどのようにするのか?」と毎日・毎分問われ続けているのです。
 
あなたは毎日の言動によって、それに答えていくのが人生というゲームのルールです。
 
あなたは生まれてきた時点でこのゲームに参加しています。そして、死ぬ時まで、毎日あなたの言動で自分の人生の意味を創っていくのです。
 
毎日の“人生”からの問いにどんな答えをだすのかは全くの自由です。
 
何もせずあまり意味のない人生という答えをだす事も出来るし、何かを成し遂げるという答えを出す事も出来るのです。
 
 

友人が本を出版!!

世界一読みたかった お金の聖書(バイブル) 幸せで豊かになる力が、絶対身につく本
 
友人の本が出版される事になりました
タイトルは「お金の聖書」。
 
元有名コンサルタント会社のコンサルタントで、現在5年後の上場を目指す会社社長である彼がわかりやすくお金のことを書いてくれています。
 
豊で楽しく生きる為にはお金の知識は必須です。
 
お金は「稼ぐ・増やす・守る」という正しい知識がない人から、正しい知識のある人へと移っていく習性があります。
 
「お金の聖書」は、あなたの人生の財産形成に大きく役に立つはずです。
 
ちなみ5月に私の会社で講演会をしたジェームス・スキナー氏の推薦文つきです。
 
本代にケチりだすと、自分の成長を止めてしまうと思っているので毎月の本代がスゴイ事になっています。しかし良い本をたくさん読めば確実に将来につながってきます。なので早速、書店もしくはアマゾンへGO
 
 
 
 
 
 
livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント