「これでいいのだ!」

豊かで楽しいスピリチュアル☆リッチな日々☆

「これでいいのだ!」 イメージ画像

2006年10月

役に立ったらポチッとお願いします やりたいことに向けて動き始めると、様々な障害や抵抗に出会います。家族や周囲の反対であったり、仕事上でのトラブルであったりします。 ここで諦めてしまう人も多いのですが、成功に向けて出発する時には、この抵抗は必要だったりし

役に立ったらポチッとお願いします 経営のの勉強会である2代目の経営者が、稲盛和夫氏に相談をされたときのことです。 「うちの父親は仕事を引退したのだけれど、会社の経費を使い込んで困っています・・2千万もよくわかならい金を使っているのです。どうしたらいいでし

役に立ったらポチッとお願いします 昨日の続きです。 「もっとお金が欲しい」という願望は、逆を言えば「お金が不足している」というメッセージを潜在意識に植えつけています。 ではどういう風に願えばいいのかといえば、「ドンドン豊かになっていっている」と願えばO

役に立ったらポチッとお願いします 先週の土曜日は、今年の7月に講演会を京都で主催したご縁から望月俊孝先生の「宝地図セミナー」に参加していました。 そこでのお話ですごく大切なことがあったのでご紹介します 夢や願望を実現するには、心に願っている必要があり
『夢が叶う願い方』の画像

役に立ったらポチッとお願いします 「目標を立てたときに、達成までの道筋が想像できるような目標は小さすぎる」 昨日のジェームス・スキナーの講演会での話しです。 彼の目標設定の基準に1つですね。 その後。ジェームスも参加の食事会で色々といい話が聞けました。ま
『目標設定の基準』の画像

役に立ったらポチッとお願いします 人生の目的を決めるときは、一生かかっても自分には実現できそうにないくらいに感じるものにしましょう 人生の目的は一生かかって追求することなので、叶うか叶わないかの問題ではなくて、一生取り組めるくらい大きくなことでないと意味

役に立ったらポチッとお願いします 自分が意識を注いでいることに向かって、人生は進みます。 欠けているものに意識を注げば、欠乏は更に増します 豊かさに意識を向ければ、更に豊かになります 明確に意識していない場合は、無意識が望む方向に進みます。 「無意識を明

役に立ったらポチッとお願いします まだ行ってないところに出かけたり、新しい出逢いをしたり、したことのない体験をすると、思考の幅がグッと広がるのでオススメです スカイダイビング、バンジージャンプ、マラソン・・など普段の生活パターンにないことをすればものの見

役に立ったらポチッとお願いします 自分が何がしたいのかをはっきりわかっている人は充実感のある人生を送れます。 自分が何をする為に生まれてきたのか? 何がしたいのか? 自分に質問して答えを出してみるといいですね。 「充実した人生を送る秘訣は、仕事をもつこと

役に立ったらポチッとお願いします 損か得かの視点だけで、人間関係やビジネスを進めると行き止まります。 何に貢献できるか?という視点で進めると人間関係もビジネスも拡がりがでてきます 「運命のパートナーシップセミナー」11月18日東京 11月19日京都 マイミクも募集

役に立ったらポチッとお願いします現在20位? 昨日の続きです。 本心・良心に従うといっても、本心・良心がわかないという人がいます。本心・良心とはそんなに難しいものではありません。 本当はこんなことがしたいのに他人の目や世間体が氣になってしていないことだっ

役に立ったらポチッとお願いします現在20位? 何をするにも自信がない、確信が持てないという人がよく相談に来られます。 自分の本心・良心に従って常に生きましょう。 「本当はこうしたほうがいいのはわかっているけどやってない」ということがあると自信はなくなって

役に立ったらポチッとお願いします現在20位? 願いを成し遂げたいと情熱と、結果はどうなってもそれを平然と受け入れられる気持ちがうまく混ざり合えば、願望は早く叶います。 矛盾していますが、この世の中は基本的に矛盾している2つのことをうまくバランスがとれる人

役に立ったらポチッとお願いします現在20位? 本日、3回目の更新です。 昨日は知人が片山右京さんと対談講演したので聴きにいってました。 廃油燃料で走るエコカーでパリダカールラリーに参戦するそうです かっこいいですね! 「運命のパートナーシップセミナー」1
『片山右京さんと・・』の画像

役に立ったらポチッとお願いします現在20位? 本日、2回目の更新です。 昨日に予告していた効果的にゴールに行き着く方法です。 それにはまず、条件と日付を決めます。条件は数字で決めます。 例えば1000万円などの金額、あるいは何人集めるなどの集客人数。スポ

↑このページのトップヘ