「これでいいのだ!」

豊かで楽しいスピリチュアル☆リッチな日々☆

「これでいいのだ!」 イメージ画像

2007年01月

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 余計な心配や不安がなければ、そのぶん脳の周波数があいて、良いことやラッキーなチャンスを見つけることに回すことができます。 パソコンと同じで、余計なものをたくさん溜めると立ち上がりや反応が遅くなります。

ポチッと押してもらえれば、うれしいです いつもDVDやビデオで気分が悪くなる場面を何回も再生して見て、いつも「氣分が悪いんです」といっている人を、どう思いますか? “再生するのを辞めればいいじゃないか”と思いますよね。 しかしこれを頭の中でやっている人はたく

ポチッと押してもらえれば、うれしいです自分自身と自分の目標に焦点を絞るほど、本当の自分の目標やあるべき姿から遠ざかってしまいます。「自らが地位や階級を望むのならば、他人が地位や階級を得るのを助けよ。自らが長所を活かしたいなら、他人が長所を活かすのを助けよ

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 不安に対処する方法はおおまかに3つあります。 ①逃げ出す、②戦う、③向かっていく 逃げたり、抑圧して見ないふりをしても不安が消えることはありません。繰り返し噴出して精神的に不安定になります。 戦っても部分的な解決に

ポチッと押してもらえれば、うれしいです インド滞在記のラストです。 3日目はスワミ(聖者)の誕生日です。朝から日本での“護摩焚き”のような儀式がありました。 ココまで読んでいた人は、スワミは仙人のようなおじいさんだと思っている人が多いと思いますが、この
『インド滞在記終』の画像

ポチッと押してもらえれば、うれしいです ちょっと週末バタバタとしていて更新が遅れました。 さて、アシュラム(寺院)での2日目です。 ←ちなみに泊まっている部屋はこんな感じです。白装束にも着替えました アシュラムでは朝の5時から色んな活動が開始されますよく
『インド滞在記ァ戮硫菫

ポチッと押してもらえれば、うれしいです いよいよスワミ(聖者)の住むアシュラム(寺院)の中へと足を踏み入れました 事前にキチンと許可を得ていないと、もちろん中には入れませぬ 岩がごろごろとしている砂漠地帯に城壁で囲まれたその中は、とてもトロピカル?な雰
『インド滞在記ぁ戮硫菫

ポチッと押してもらえれば、うれしいです インドで何が一番スリリングな乗り物かといえば、それはタクシーです。 とにかく飛ばしまくります。まるでカーレースです 右からでも左からでも、ちょっとでも隙があれば前の車を抜きにかかります。対向車が来ていてもお構いなし

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 2日目は、朝からちょっと町でお買い物です インドのお金はルピーといいます。 お札に印刷されているのは、個人的にも尊敬しているガンジーです。面倒くさい訳ではないのでしょうが、全部同じ顔のガンジーが印刷されています。海
『インド滞在記◆戮硫菫

ポチッと押してもらえれば、うれしいです インドから無事に戻ってきました ちょっと予定より遅くなりましたが、インド滞在記です。 今回の旅の目的は“聖者に逢って色々と教えてもらうこと”でした。半年ちょっと前に立てたこの目的を実現でき、今回の旅行は大満足でした

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 本日2回目の更新です。 自分が何をしたいのか(ライフワーク)がわからないという人は、案外たくさんいます。 そういう人には、次の質問をします。 「一生困らないお金があったとしたら何がしたいのか?」(遊びや旅行、買い物

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 夜寝る前に何についてのアイデアが欲しいのかを明確に口に出します。 例えば、「明日の朝、私は〜のすごいアイデアが浮かびます」と言って寝ます。それから朝起きて思いついたことをノートに書きます。 慣れれば、かなり良いアイ

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 新年ですから年間の目標を設定するのにちょうどいい時期ですね。 目標で大切なことは、自分の氣持ちや感情に直接つながっていることです。例えば、ただ単に“お金持ちになりたい”ではなかなか叶いません。 “どうしても〜が欲し

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 人は基本的に他の人に自分のことを理解されたいと思っています。 自分の状況や仕事、考え、価値観・・色んなことを他の人に理解されたいが為に色んな行動にでます。 他の人に理解されたい人になるか、他の人を理解したい人になる

ポチッと押してもらえれば、うれしいです 「夢とは何年か先になったらいいなぁという未来の話ではない。夢は今生きるものだ。」 以前、メンターから言われたこの意味がだんだんわかってきました 未来の話ではなく、夢の為に今できることをやる。それが夢を生きるですね。

↑このページのトップヘ