週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2007年03月

人からの拒絶に慣れる

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

ほとんど誰でも、みんなから好かれたいと思います。

人から拒絶されるのは嫌なものです。

しかしビジネスなどで成功を収めたいのであれば、人からの拒絶に慣れる必要があります。

セールスマンは人からの拒絶を恐れていては、実績は伸びるはずはありませんね。

活動する範囲が増えていくと、あなたのことを好きで支持してくれる人も、反対に嫌いで拒絶する人も出てきます。

万人に好かれようとしてもうまくいきません。

優柔不断

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

優柔不断な人は、“決断をしなければ失敗しない”という勘違いをしています。

間違いを犯すのが怖いので、決断しなければ間違いを犯さなくて済むと思っています。しかし現実の社会では、決断を下さないことは最大の間違いになることが多いのです。

そして、決断を下す前に、その決断が正しいかどうかの判断に時間を掛けすぎるのは無駄だけでなく、有害です。

決断が遅い為に、チャンスを逃すことの方がはるかに多いです。

現実の社会では、決断を下す前に正解を知ることは、ほとんどできません。正しい決断だったかどうかは、決断を下した後にしかわからないのです。

 

 

幸せな男女関係

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

男女関係での幸せは、与えることの喜びです。

自分が相手にしてあげることで、自分が幸せな氣持ちになれるかどうかです。

相手が自分を幸せな氣持ちにしてくれるかどうかではありません。

相手に要求して、その通りにしてくれないという不満を持つのは正常な関係ではありません。

赤ちゃんに何かをしてあげる時に見返りを要求するでしょうか?してあげること自体に喜びを感じるのが愛です。

義務感や見返りを求めての行動に愛ではありません。

自分の愛のない行動から返ってきて得られるものは、やはり愛ではありません。

 

 

セミナー無事終了

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

とっても、久々の更新になってしまいました。

zero「ゼロから好きなことで起業して成功する方法」のセミナーは、京都・東京どちらも大成功でした参加者の満足も、アンケートでは5段階で平均4.64とかなり高い評価となりました。

是非、セミナービデオを販売して欲しいとい声も多かったので、ビデオの録画状況が良ければ、販売も検討しています。

明日からは、またいつも通りブログを更新していきます

男の女性への対応の仕方

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

前回の続きです。

女性の感情の波をぶつけられても、へっちゃらでいられる男に女性は引き付けられます。これは女性の男性に対する無意識のテストです。

実は無意識に“この男は、これから一緒にいても大丈夫なのか?”ということを確認しています。

女性から色々と感情をぶつけられた時の男の対応は、実社会での仕事などのトラブル時の対応と似ています。なのでうまく対応できないと、この男は社会で大成できないと判断して愛情は冷めていきます。無意識の判断なので女性に自覚はありません。

なので男は心して、女性の感情の波に対応しないといけません。

ちなみに付き合っている限り、テストはずっと続きます。

女性の言うことに、いちいち振り回されてはいけません。女性の言った通りに色々と対応しても、頼りない人と思われます。

どっしりと構えて、キチンと愛情を示せば女性の感情の波は次第に穏やかになってきます。

↓【ゼロから好きなことで起業して成功できるセミナー】↓
http://www.mastercounseling.com/lifework.htm 

男の女性への対応の仕方

ポチッと押してもらえれば、うれしいです

男が一言で言うと“プライドの生き物”であるのに対して、女性は“感情の生き物”です。

本能で女性が男に望んでいることは、自分の感情を解決してくれることです。

女性の感情には波があります。女性自身もわかりません。

付き合っている男にその感情をぶつけて解決して欲しいのです。

女性は付き合っている男性に色々と言ってきますが、話の内容は重要ではありません。ほとんどの場合は、愛を確認したいのです。

話の内容は様々でも、女性の言いたいことは、「あなたの愛情を充分感じられません。本当に愛していますか?」です。

男にはわかりません。

なので女性の言ってきたことの問題を解決しようとして、トンチンカンなことをします。

 

↓【ゼロから好きなことで起業して成功できるセミナー】↓
http://www.mastercounseling.com/lifework.htm 

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント