週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2009年10月

色々あるからこそ楽しい☆

いつもポチッとありがとうございます

人生は色んなことがあるからこそ楽しいのです。
障害に思えることや邪魔が入ったりすることもそうです。

色々あるから人生楽しいのです。

人生をサッカーの試合だとしたら、何とかあなたの邪魔をしようとする相手がいたり、あなたをサポートしようとする味方がいたりします。

誰も邪魔しなくて、好きなだけゴールを決めても良いサッカーがあったとしたら、やっていても見ていてもつまらないはずです。


また、あなたの目標が他の味方の目標と同じゴールを決めることであれば、サポートしてくれる人はたくさんいます。

あなたの目標が自分の為のスタンドプレーであれば、自分一人でしないといけない上にうまくいきません。これは人生でも同じです。

----------------- 

女性だけの会☆
残り2名です。
http://www.spirich.jp/hime.html


読んだらポチッとお願いします

 

芸術を取り入れる

いつもポチッとありがとうございます

カナダのトフィーノに来て2日目です。

ここで6日間のソングライティングのセミナーーに参加してます。
その後、バンクーバでペインティングの個人レッスンを受けます。

芸術は人生に必須です。
ビジネスにも必須です。

芸術なしの人生は、彩りがなく退屈します。
芸術のないビジネスは、技術だけになって飽きられます。 

----------------- 

女性だけの会☆
残り2名です。
http://www.spirich.jp/hime.html



読んだらポチッとお願いします

お知らせ

いつもポチッとありがとうございます

 

先日、カルガリーで知り合った人が、すごい会を主催します。

さすがに海外までセミナーや講演会を聞きにくる人は、タダものではないですね☆
基調講演はなんと、ワタミグループ創設者の渡邉美樹会長です。


海外まで行かなくても超一流の人の話を聞ける絶好の機会です。
お席はもうほとんどないかもしれません。


http://www.nyu-mon.net/festa2009/

 

この機会をお見逃しなく。


特に不動産に興味のある人は是非、参加してください☆

読んだらポチッとお願いします

(立ち位置)お願いされる側

いつもポチッとありがとうございます

ビジネスでも、恋愛でも、お願いする側ではなく、お願いされる側に立つことは、とても重要です。
お願いする側でいくら頑張っても、結果は厳しくなります。

営業に行って、「買って下さい」とお願いする側は、厳しい立場になります。

異性に対して、「付き合ってください」とお願いする側は、厳しい立場になります。

お願いする側でいくら努力しても、厳しい立場に変わりはありません。


「売ってください」、「この条件でとお願いします」、とお願いされる側に立つことを考えましょう。

理想の相手から「付き合って下さい」とお願いされる側に立つことを考えましょう。

お願いされる側に立つと、無駄な努力は不要になります。
お願いされる側になるための努力をしましょう。

読んだらポチッとお願いします

(サラリーマンへ)『給料が少ない』はありません。

いつもポチッとありがとうございます

『給料が少ない』と会社に不満を持っている従業員がたくさんいます。

本当にそう思うのであれば、すぐに会社を辞めてください。

本当にあなたの給料が不当に安いのであれば、もっと高い給料で雇ってくれるところがすぐに見つかります。

「この不況にそんなことできるか!」と思っているのであれば、他のどこの会社も今の給料で雇ってくれない中で、あなたに今の給料を払ってくれる会社に感謝してください。

感謝せずに、不満を言っていてもいいですが、そうすれば、そのうちあなたは会社から要らないと言われる時がきます。

経営者は、感謝して働いている従業員と、不満を言っている従業員と、どちらに辞めてもらうでしょうか。

後になって、「あの時は仕事があるだけでもありがたかった」と感謝してもいいですが、今感謝して仕事も続く方が良いです。

読んだらポチッとお願いします

(経営者へ)『給料分くらい稼げ』はありません。

いつもポチッとありがとうございます

経営者の中には従業員に向かって、『給料分くらい稼げ!』という人がいます。そう言ったところで、従業員が給料分稼ぐようになることは、まずありません。
 
まず前提がありえません。

自力で給料分稼げるのであれば、独立しているか、少なくても代理店くらいはやっています。毎朝決まった時間に来て、文句を言われながらサラリーマンやってません。 

自力で給料分稼げる人は、ほとんどあなたの会社に入ってきません。

普通の人が普通に仕事をやって、給料分くらい稼げるシステムを創るのが経営者の仕事です。 

読んだらポチッとお願いします

スカイダイビング、射撃、泳ぐ

いつもポチッとありがとうございます


自分が主催している秘密のコースのメンバーと現在グアムに来て3日目です。


初日はスカイダイビングをしました。
少々、雨が降りましたが空の上は快適でした。
4200mから約1分間のフリーフォール、そしてパラシュートでゆっくり落下します。グアム島が一望できます☆


sky


2日目は本物の銃での射撃です。
本物の銃を扱う緊張感の中、、自分で弾を込めて撃ちました。
ハンドガンのリボルバー、オートマチック、44マグナム、スナイパー銃、マシンガン、ショットガンまで、野外で本格的に実体験してきました☆

gun


3日は、海でシュノーケリングをしました。

熱帯魚がドンドン自分の周りに集まってきます☆
海を満喫しました☆

うみ

 
マイナス6度のカルガリーから一週間で南国です。

しかしまた帰ってから、バンクーバー&トフィーノに向けて出発です。

読んだらポチッとお願いします

毎日のパターン

いつもポチッとありがとうございます

土曜日にインドの聖者の来日講演に行ってきました。
4年前にインドで逢って以来の再会でした。

講演の中で、「たくさんの人が、朝起きて、飲んで、食べて、仕事に行って、疲れて寝る。朝起きて、飲んで、食べて、仕事に行って、疲れて寝る。この繰り返しだけで、まるで機械のようだ。そして、いつか死ぬ。もっと生き方を考えた方が良い」と言っていました。


貴重な人生です。毎日同じ繰り返しだけで終えるにはもったいないです。

時には一週間を振りかって、同じようなパターンになっていないかをチェックするのは大切です。

【個人メモ】
“先週の月曜日にカルガリーから帰国。土曜日にインドの聖者の講演会に行く。日曜日は午前中にサッカーの練習で午後は試合、夜はコンサートに行く。昨日は京都の某高級ホテルにて秘密のコースを主催。明後日からはグアムに秘密のコースメンバーと行く”

読んだらポチッとお願いします

ヴァージン2

いつもポチッとありがとうございます

ヴァージングループ会長、サー・リチャード・ブランソン氏の講演続きです。

「ビジネスでもチャリティーでも楽しいことが重要。一緒に仕事をする人は楽しくないといけない」

人を採用する時に一番見るところは“人間性”だそうです。
 
リーダーシップについて、

「リーダーは人の話を聴くことが一番大切。チームの人の話を聞くこと。そして、他人から学ぶこと、絶対に人を批判しないこと、人をほめること。」 


人生の一番良かった時は?との質問に

「僕はラッキーなことに、人生の悪い時期っていうのは思い出せないんだよね。(悪いと感じることはなかったということ)、一番良い時は今現在。本当に毎日やりたいことができて楽しいよ。」


失読症で字がうまく読めないのにも関わらず、学生時代から雑誌を創刊し、次いでレコード店、レコード会社、飛行機会社、鉄道会社、携帯電話、金融会社、コーラ、宇宙事業・・・200以上の事業展開を一代で創ってきたブランソン氏。

“とにかく楽しいと思えることをやってきた”スゴイ人です。

サー・リチャード・ブランソン氏は実際に逢っても、本当に素敵な人でした☆
彼に逢いに寒いカルガリーまでやってきただけのことはありました。

ヴァージン流 世界を変える非常識な仕事術
ヴァージン流 世界を変える非常識な仕事術

ヴァージン―僕は世界を変えていく
ヴァージン―僕は世界を変えていく


 

読んだらポチッとお願いします

ヴァージン

いつもポチッとありがとうございます

3日目のメインは、世界中に300を超える関連企業を傘下に持つヴァージングループ会長、サー・リチャード・ブランソン氏です。個人的に最も尊敬する経営者です。

sir
 
両手を広げて“飛行機ブーン”で会場に登場。
質問者に“ヴァージン・エアの飛行機に乗って最高だった”と褒められると、その場でダンス。64歳にして、とにかくセクシーでカッコイイ。

以下は彼の話です。

“スモールビジネスの経営者にアドバイスを”との質問に、

「とにかく“生き残ること”それだけでも大したことだよね。自分もそうだったけど、生き残ることで精いっぱいの時もあるよね。それで、うまくいってビジネスが大きくなったら、その経営者は問題解決能力があるってことだから、より大きな問題に取り組めばいいんじゃないかな。例えば自分は今、ネルソン・マンデラ氏らと一緒に世界の飢餓の問題や、環境問題、病氣の問題に取り組んでいるよ。」 

 
「ところで経営って難しいよね。この前にうちの社員から“ブランソンさん純利益と経常利益の違いわかってますか? ”って聞かれたんだけど“う〜ん、よくわかんない”って答えたら、絵とか図を書いて説明してくれたんだけど、やっぱりわからないだよね。ハハハ。」

続きは次回。 

読んだらポチッとお願いします

元南ア大統領とコヴィー博士

いつもポチッとありがとうございます

カルガリーから帰ってきました☆
帰りには雪が降るくらい寒かったです。

今回のイベントは4日間で、たくさんの講演者がいましたが(全員のは聞いてません)、とても印象に残った人だけをまとめます。 

初日のメインは、F.W.デクラーク元南アフリカ大統領と、「7つの習慣」で有名なフランクリン・コヴィー創設者、スティーブン R. コヴィー博士です。

コヴィー博士
covy


デクラーク元大統領は、“世界中で変化が起きている”ことについて話されました。“変化を受け入れること”、“変化を恐れないこと”を強調していました。“恐れない人にとって、良い変化になる”。まずいのは“変化したふりをすること”だと。

そして“変化のプロセス”には終わりがないと。

リーダーシップについて、“リーダーはリスクを計算しないといけない”、“ヴィジョンを持っていないといけない”と。“ヴィジョンがなければ、どこに行くのかも、上手くいっているのかも、わからない”と。

コヴィー博士の話は、「7つの習慣」と「第8の習慣」が中心でした。
7つの習慣―成功には原則があった!  第8の習慣  「効果」から「偉大」へ


印象的な言葉は、“ファミリーを一番大切にすること”、“ビジネスを言い訳にファミリーを犠牲にしないこと”だと。“そうしなければ、年をとった時に非常に後悔することになる”と。

続きはまた。

 

読んだらポチッとお願いします

超一流

いつもポチッとありがとうございます

人生で超一流のモノや人に触れるのは、とても重要です。
色んなことを判断する目が養われます。

カルガリーでのイベント日目です。

1日目はノーベル平和賞受賞、F・W・デクラーク元南ア大統領南アフリカ大統領の講演で始まりました。彼が大統領時代にアパルトヘイトを廃止した時の話などを聞くことができました。

2日目は、ダライ・ラマ、超厳戒態勢の中で行われた講演は、終始笑いが絶えない内容でした。

そして、今日は3日目。
本日のメインはリチャード・ブランソン。
彼の話を聞くために、この寒いカルガリーまでやってきたと言っても過言ではないので、とても楽しみです。

4日間で30名以上のスピーカーが話します。
全員が各分野での一流、もしくは超一流です。
 
日本人の参加者は4人。
なかなか貴重ですね☆

詳しい内容は後日にアップすると思います。 

読んだらポチッとお願いします

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント