週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2010年07月

パートナーシップ

いつもポチッとありがとうございます。

奥さんとは、お互いがビジネスでもプライベートでも最も話の合う、最高のパートナーシップだと思う。

私にはもう1つ最高のパートナーシップがある。
そのパートナーのおかげで、今の奥さんとも出逢い、ビジネスもうまくいき、健康であり、子供もできた。そのパートナーを意識し始めたら、一氣に人生が豊かに楽しくなった。

そのパートナーは、自分の中にいる。
そのパートナーは、誰にでもいる。
そのパートナーは、何でも手伝う。
そのパートナーは、色んな名前で呼ばれている。
そのパートナーとうまくパートナーシップができれば、何でもうまくいく。


神は私にとって一番のビジネスパートナーである。
ロバート・キヨサキ



読んだらポチッとお願いします

安心

いつもポチッとありがとうございます。

CIMG2631

生後2日目で早くもカメラ目線☆
しかし、ちょっと警戒しているのか!?



CIMG2629

と思いきや、ウインク。


お世話になっている産婦人科は完全個室で、母子同室にしてくれるので産んだその日から赤ちゃんと一緒に過ごせます。赤ちゃんって思ったより面白い☆

CIMG2640




読んだらポチッとお願いします

お金の器量

いつもポチッとありがとうございます。

人にはお金を持てる器量というのが決まっています。
この器量を超えてお金を持つことはできません。

ある調査では、高額宝くじ(1億円)以上の当選者の95%は5年以内に全額なくなるか、破産しているそうです。

いくらお金がたくさん入ってきても、自分にその金額に見合った器量がないとあっという間に手元から去ってしまいます。

またお金はたくさん持っているけれども、心理的に使うことができない人もいます。使えないのであれば、ないのと同じです。これも器量がないことが原因です。

いくら努力しても、それだけでは人はお金持ちになれません。

また元々、お金の器量が大きい人もいます。
そんな人は、努力なしにお金持ちになります。

お金の器量を大きくする方法はいくつかあります。

例えば、お金持ちの人と行動を共にしたり、お金に関する良書を読んだり、今までよりもグレードの高いお店に入ったり・・・しかしどれも地道な方法です。

短期間にお金の器量を大きくする方法もありますが、注意が必要な方法なので、直接お逢いした人の中で、お伝えしても大丈夫な人にだけにお伝えすることにしています。

読んだらポチッとお願いします

お金も時間もないとき

いつもポチッとありがとうございます。

「お金ができたらやろうと思います。」

「時間ができたらやろうと思います。」

人からこんな言葉を聴くと、“この人はずっとこのままだろうなぁ”と感じます。なぜなら、その後何年たっても、そういう人は同じことを言っているからです。

やりたいことをやらない言い訳に、お金と時間を言っている限り、実現する可能性は、高額宝くじが当たる確率と同じくらいです。もっとも宝くじを定期的に買っていればの話ですが。

お金も時間もなくても、やりたいと思ったときがベストのタイミングです。それを逃せば、その機会は永遠に失われます。

子供の時に周りの子供がよく、「勉強しないといけないから、遊びたいけど遊べない」と言っていたのを覚えています。
そんな時期から、自分のやりたいことを犠牲にすることを憶え始めれば、大人になって自分が何がやりたいのかわかならくなるのも無理ないかも知れません。もちろん勉強がしたかったら勉強をするのはいい事ですが。

私は子供の頃に、夏休みの宿題をまともにやったことはありません。いっぱい遊びたかったから。本を読むのは好きだったけれど、普段から宿題は全然やらなかった。やる意味も理由もわかならかったから。

だけど高校に行きたくなったので勉強し始めた。大学にいきたくなったので勉強した。やりたいことになったとき、初めて勉強し始めた。やりたくないことをしないことで、一回も困ったことはなかった。

19歳でどうしても留学したくなった。お金も時間もなかった。だから大学を1年休んで半年バイトして、半年留学した。

29歳でどうしても起業したくなった。お金も時間もなかった。だから仕事を辞めた。アイデアを実行に移してお金を稼いだ。

お金も時間もないときは、やりたいことをするのに良いタイミングだ。

読んだらポチッとお願いします

モチベーション

いつもポチッとありがとうございます。

会社を起業したのが2004年の年末。
『もっと会社を大きくしたい』とか、『もっと売り上げを上げたい』とか、『有名になりたい』とか、一般的なモチベーションを持ったことは一度もなかった。

当初からのモチベーションは、とにかく好きなことをすること。
それは、時間の自由だったり、行動の自由だったり、行きたいところに行くことだったり、逢いたい人に逢うことだったり、やりたいことをすることだったり。

それには年間1000〜1500万円を自由に使えれば充分だった。
それには月に3〜4日、年間数十日仕事すれば充分だった。

自分と同じことができるように人の役に立つことは好きだけれど、自分にとって正直それ以上働く意味もモチベーションもなかったので、ほとんど仕事はしてこなかった。

自分が少し教えたら奥さんも同じようにビジネスができるようになったので、結婚してからも仕事のペースは変わらなかった。

しかし、、

妊娠がわかって、いよいよ息子が産まれるようになってくると意識が変わってきた。“何かもっとしたい”と。

いよいよ産まれるとモチベーションが完全に変わった。

息子に伝えたいことを形として残したい、自分で好きに人生を創ることができること等を。何かの事情で直接伝えることが、難しくなったとしても、それを学べばいいように。


読んだらポチッとお願いします

産まれた☆

いつもポチッとありがとうございます。

7月24日10時56分、無事に男の子が誕生しました☆

kouki 「うにゃ〜」



3144g、49.1cmで母子ともに健康です。

24日の朝に陣痛が始まり、病院へ。そのまま午前中に出産。初産にしては、かなり時間も短く安産でした☆さすがうちの奥さん、何でも上手です。

名前は性別が判明する前から決めていました☆
『皇輝』(こうき)くんです。

産まれてすぐに羊水を飲んでしまい、うまく呼吸ができず産声も出ないので、ちょっとびっくりしました。しばらく酸素室に入って様子を見てもらいましたが、夕方には私達の元に来ました。

昨日は元気いっぱい動いてました☆

これで京都に帰る日も決まりました。
8月4日、こちらに来てちょうど1ヶ月で京都に帰ります。
引越しの準備などをして、またお盆に大分に戻ります☆

この一ヶ月は仕事は何もしてないので帰ったら少しはやります。産まれるまでコンサル延期とお伝えしたの方々、ご協力ありがとうございました。再開します☆

自分たちのペースで、自分たちの好きなときに、自分たちの好きな仕事ができる環境に感謝です。おかげで私にとって一番大切なもの(家族)を、実際に一番大切に出来てます。

読んだらポチッとお願いします

このところ

いつもポチッとありがとうございます。

今日は家族で別府温泉方面に食事に行きました☆

「今どこにいるのですか?」とメールや電話で聞かれます。
大分に来て2週間が過ぎました。こちらで満喫しています。
昨日はこちらでフットサルに参加しました

地元の京都も大好きですが、私にとって海がないことだけが唯一、残念なところです。こちらはその海があります。

奥さんの経過は順調で、一時は早産の恐れがある言われましたが、後一週間で予定日というところまで来ました。

私が生むわけではないのですが、産休&育休します。
生まれてからしばらくいる予定なので、滞在はまだ長くなりそうです。

読んだらポチッとお願いします

サラリーマンが向く人、向かない人

いつもポチッとありがとうございます。

能力的なことで、サラリーマン(公務員・派遣も含む)に向く人、向かない人というのは、あまりありませんが、性格的なことではかなり向き不向きがあります。

マニュアルがあった方が安心な人、誰かから指示された方が動き易い人、安定志向の人、「何をやっても自由です」と言われると何をしたら良いかわからない人、孤立するより多少我慢しても誰かと一緒にいたい人、リーダーになったり責任をとるのが嫌な人、ルーティーンワークが好きな人、人が決めたルールに従える人、失敗を恐れて行動しない人、満員電車で通勤できる人、人が決めた給料で我慢できる人、予測のできる将来が好きな人、“普通”が好きな人、変化が嫌いな人、何かに頼りたい人、みんなと同じが好きな人、生活の為にずっと働ける人・・・

以上全てに“いいえ”の人はサラリーマンに向いていませんので、間違っても就職しないようにしてください。
会社もあなたも不幸になります。

私も一般企業に就職したことはありませんから。
ちなみに全て“いいえ”です。

読んだらポチッとお願いします

ビジネスに向く人、向かない人


いつもポチッとありがとうございます。


能力的なことで、ビジネスに向く人、向かない人というのは、あまりありませんが、性格的なことではかなり向き不向きがあります。

安定志向の人はビジネスに向きません。
ビジネスをするのに安定した収入を得ないと不安という人がいます。そういう人はハッキリ言ってビジネスに向きません。

ビジネスを始めるのであれば、例え支払う現金がなくて破産・倒産の危機でも平氣でいられるくらいでないと、神経が持たなくて続けられません。ビジネスにリスクは付き物です。失敗したら破産・倒産するかもしれないリスクを進んで取れる大胆な性格と、そのリスクを最小限に抑えられる繊細な心とが要ります。

自分でビジネスを始めるというのは、道のない荒野で行くあてのない旅を、最低限な装備で始めるようなものです。

先に何があるかわかならない。
道もなく、どこに行けばいいのかわかならい。
人に方向を聞いてもわからない。仮に教えてくれる人がいたとしても、良い方向を教えてくれるとは限らない。稀に良心的な人が道を教えてくれるが、その道が今でもあるのかはわからない。
水・食料は充分ではなく、途中で見つけなければいけない。

そんな状況全てを楽しめる人、ワクワクする人、何があっても諦めない人はビジネスに向いています。



起業家の人のみおススメです。
 ↓   ↓
起業家の本質
起業家の本質


読んだらポチッとお願いします

あなたが経済的に苦しい理由

いつもポチッとありがとうございます。

h


この前に香港に行ったときのこと。

ある高級住宅街でガイドさんが、「この辺りはすごく家賃が高い。月収50万はないと住めない。あの辺りは月収100万円くらいでないとダメ。」と説明していた。

『そうか、月収50万円とか100万円かぁ、それだけ高給取るの結構難しいなぁ』と心の中で思っていて、ふとある事に氣がついた。

『あれ?月収50万円だと年収600万円。これだと去年使ったクレジットカード代に足りていない!?、月収100万円だと年収1200万円、。これだと去年使ったお金にもまだ足りない。』

自分でビジネスをしてから月収でお金をとってないから氣がつかなかったけど、ずっと前からそれ以上になっていた。

正直、今でもコンスタントに月収100万円の仕事するとなると難しいと感じるし、50万円でも厳しいと感じる。

しかし、年収1200万円と言われれば、少ないと感じる。

実はこの認識の違いは、もの凄い違いである。

なぜ毎月収入を得なくてはいけないのか?


毎月毎月収入を得ることを第一優先にするという考え方こそ、経済的にしんどくなってしまう要因なのだ。
定期収入を前提として年収1200万円を目指すとすれば、毎月コンスタントに100万円を稼ぐ必要がある。これはかなり大変だ。
〜中略〜
しかし、もし、年収1200万円を達成すればよいとするなら、年に3回、400万円の収入を得ればよいことになる。このほうがずっと簡単だ。ちょっとがんばれば誰にでもできるし、さらにその上を狙うことだってむずかしいことではない。
天野雅博

貧乏は完治する病気 ~金持ちになるための劇的な思考法~
貧乏は完治する病気 ~金持ちになるための劇的な思考法~



読んだらポチッとお願いします

簡単ですけど・・


いつもポチッとありがとうございます。


「年に数十日だけ仕事をしてます」

「去年は2ヶ月ほど夫婦で海外にいました」

「奥さんの里帰り出産に合わせて、九州にきています。今月初めから来ています。まだ生まれてませんが、生まれてからしばらくは居ます。」

「170平米のマンションに引っ越す予定です」

こんな会話になると、よく人から「どうやったら、そんなことができますか?」と聞かれます。

「それは簡単ですよ」と答えて説明しても、相手はたいてい「それは特別なこと。」、「普通はそんな簡単にいかない。」、「あなたは特別で、普通の人はそんなことは出来ない」と言われます。


本当にそうだろうか?

物事は本来はものすごく簡単でシンプルなのに、みんなが勝手に複雑にしているとしか思えないのは、自分だけだろうか?

そんなことを考えて、奥さんと話してたら、
「物事は簡単なのに、なんで難しくするのかなぁ?」と、
奥さんも同じ意見だった。


物事は私たちが思っているほど複雑にはできていない、ということも学んだ。単純な答えを複雑なものにしているのは、私たちの傲慢さだけなのだ。  
ムハンマド・ユヌス(グラミン銀行総裁)

ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
クチコミを見る



貧困のない世界を創る
貧困のない世界を創る
クチコミを見る


読んだらポチッとお願いします

ビジネスの矛盾

いつもポチッとありがとうございます。

ビジネスで、とても残念で、もったいないと感じることは、多くの企業で経営者と従業員の利益が相反することです。

コンサルでもよく相談されます。

経営者は、給料をなるべく少なく払い、たくさん働いて欲しい、
従業員は、給料をなるべく多く受取り、たくさん休みたい、

経営者は、一所懸命働いて欲しい
従業員は、なるべく楽したい、

経営者は、繁盛して欲しい
従業員は、あまり忙しいのは避けたい
  ・  
  ・
  ・
この矛盾をうまく調和させることができれば、会社は飛躍的に伸びます。そして、そのことはそれほど難しくありません。

スターバックス成功物語
スターバックス成功物語


スターバックスでは、「従業員」という言葉は使わなくなった。勤続6ヶ月以上の社員は全員ストックオプションを取得する権利を得るので、今ではすべての社員を「パートナー」と呼んでいる。1週間の勤務時間が20時間のパートタイマーでもパートナーなのである。
ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)

読んだらポチッとお願いします

ギャンブル(投機)

いつもポチッとありがとうございます。

私はギャンブル(投機)はしません。
正確には辞めたのですが。

褒められる話ではありませんが、初めてパチンコに行ったのは16歳で、朝イチから終了時間までいたこともあります。
当時アルバイトでもらった給料10万円を、その日で費やしたこともありますし、逆に1日で10万円以上勝ったこともあります。競馬も10代後半〜20代前半まではよくやってました。

10代後半の時に丸2日間、寝ないで麻雀をしたこともあります。3日目には意識が混沌として、自分がどこで何をしているのかわからないのに、手は自動で動いていました。

初めてカジノに行ったのは留学時代、20歳でラスベガスに行きました。それから、マカオ、モンテカルロ、ケアンズ、シドニー、バンクーバーのカジノに行きました。25歳くらいのときは、シドニーのカジノで所持金の全てと、クレジットカードの限度額の全てを使い切ってしまい、どうやって帰ろうか思案したこともあります。

全てのギャンブルをした訳ではありませんが、ギャンブルにはもう飽きました。投資はしますが、ギャンブル(投機)はしません。

ギャンブル(投機)は、全て数学的にとてもよく考えられいます。全てのギャンブルで、プレーすればプレーするほど、胴元は必ず勝ち、プレイヤーは必ず負けます。

投資は、自分でリスクをコントロールできるものだけにしています。ギャンブル(投機)的な投資はしません。

読んだらポチッとお願いします

ヴィジョン

いつもポチッとありがとうございます。

人は誰でも、素晴らしいヴィジョンを頭の中で思い描くことがあります。時にそれは実現すれば、価値は数億〜数千億にもなるようなものヴィジョンだったり、アイデアだったりします。

しかし残念ながら、ほとんどの人の頭からそのヴィジョンはすぐに消えて、思い出さなくなります。

ほんの人に一握りの人は、リスクをとってそのヴィジョンを実行に移します。大成功しているビジネスの多くは、一瞬の思いつきからできています。

ヴィジョンとは、他の人達に見えないものを見る能力だ。
ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)

スターバックス成功物語
スターバックス成功物語



読んだらポチッとお願いします

好きなことをする

いつもポチッとありがとうございます。

昨日は明け方までW杯を見てました。
いよいよ残すところ決勝と3位決定戦のみです☆

今年の夏は奥さんの里帰り出産で、九州でゆっくりしています。こちらにいつまでいるかは決めていません。
こちらで参加できるフットサルも見つかりました。

去年は結婚して、夫婦でゆっくりと北米〜中米にいっていました。

23〜30歳はサラリーマンでした。
好きなことをする為に辞めました。そして会社を創りました。

5年前は、創ったばかりの会社で上がった収益のほとんど全部使ってヨーロッパ周遊しました。200万円以上を2週間で散財しました。

その会社を創ってすぐの時には、まだ会社の売り上げがないのに、欲しかった外車のオープンカーを買ってしまいました。

20歳の時には、学校を休学してアメリカに留学しました。
94年W杯を現地アメリカで見てました。

思えば昔も今も好きなことばかりやってきました。
不安よりも、ワクワクが勝ってました。
結婚しても、子供ができても、もっと好きなことをやっていくことになりそうです。なぜなら奥さんも同じタイプだからです。


読んだらポチッとお願いします

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント