週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2010年11月

恐怖を手放す

いつもポチッとありがとうございます。

豊かで楽しい人生を実現するには、自分が恐れていること手放す必要があります。

人は自分が恐れていることにしがみ付く傾向があります。
もし、あなたが“お金がなくなる”という恐れを持っているならば、その状態(貧乏な状態)を維持してしまいます。
例え一時的にお金が入っても、その恐れを持ったままでは、早く元の状態に戻ってしまいます。

恐れを手放したとき、豊かな人生の始まりになります。

読んだらポチッとお願いします

京(今日)の出来事

いつもポチッとありがとうございます。

今日は家族で紅葉を見に行きました☆

CIMG3731  CIMG3733


かなり近所のお寺ですが、超穴場で人が少ないのに、景色は抜群です。


CIMG3729  CIMG3735

帰りに松茸入りのそばと、ごはんセット食べました☆

CIMG3740  CIMG3739



CIMG3745

松茸が安かったのでおみやげに買って帰りました☆
明日は松茸ご飯になります。


読んだらポチッとお願いします

知的財産

いつもポチッとありがとうございます。

新しいビジネスに使用する商標の登録証が届きました。

CIMG3700

ビジネスでは、権利関係はキチンと公式の書面を作成したり、登録したりする必要があります。
トラブルが起こってらでは手遅れになります。

保護されるように、前もって手続きしてください☆

特許庁
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm


読んだらポチッとお願いします

言霊

いつもポチッとありがとうございます。

普段、何氣なく使っている言葉には実はものすごいパワーがあります。1つの例外もなく、自分から出た言葉は、その瞬間から実現に向けて働きかけが始まります。

常に意図のハッキリした言葉を使い始めると、それが実現する力を感じるようになります。常に意図してキチンとした言葉を使えば、様々な存在がそれを実現するために働き始めます。

読んだらポチッとお願いします

夢の現実化

いつもポチッとありがとうございます。

自分のやりたいことを現実化するのに、手伝ってくれるたくさんの存在があります。それらの存在は目には見えません。(見える人も稀にいますが)
キチンと伝えたら、無条件で手伝ってくれます。その結果、かなりあっさりと叶います。

「これ無理じゃないのかな?」と思えるようなことでも叶ってきました。例えば、“インドの聖者に教えてもらう”、“王族と知り合う”など。夢を書いてから数週間で叶ってます。

それらの存在を意識するだけでものすごく叶い易くなります。

読んだらポチッとお願いします

豊かさの波動

いつもポチッとありがとうございます。

豊かさは努力なしに実現できることです。
あなたの波動(思考や信念など)が、豊かさと一致しているなら、努力なしに豊かになります。頑張る必要はゼロです。

今日で会社を設立して6年になります。
この6年間は実働年間数十日、つまり毎月数日の実働(それも一日数時間)でずっとやってきました。それでも年々、豊かになってきてます。
続けてきたのは、このブログだけです。

豊かさは、海の潮の流れのようなものです。
暖流に乗っていれば、自動的に暖かいところにいきます。
いくら頑張って漕いでも、寒流に乗っていれば、暖かいところではなく、寒いところに行きます。

頑張っても、努力しても、豊かにならないのは、波動が豊かさと一致していないからです。

読んだらポチッとお願いします

経済的豊かさ

いつもポチッとありがとうございます。

本当に経済的に豊かになるには、実用的な道は2つしかありません。ビジネスと投資です。

それ以外の方法は、よほど特別な才能(芸能、スポーツなど)がありその分野のトップ1%に入るか、遺産相続か、高額宝くじ当選か、お金持ちと結婚するかです。

ビジネスと投資以外の方法は、ハードルがかなり高いです。特別な才能がないと成功しないし、親がお金持ちでないとダメだし、高額宝くじに当選するより交通事故で死ぬ確率のほうが高いし、よほど美人で人間性も良くないとお金持ちは見向きもしないし。

それに比べれば、ビジネスと投資はハードルがかなり低いです。長期的視野を持って、勉強して、しっかりと取り組めば、結果がでます。
必要なものは“明確で強い意志”だけです。

NHKで先日やっていた番組は、ビジネスを始めるのにものすごく参考になるので紹介します。再放送もありますし、オンデマンドでも見れます。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/091026.html

このドキュメンタリーに出てくる少年は、アフリカのストリートチルドレンです。両親はなく、お金はなく、家はなく、仕事もない状態から、映画監督になる夢をもっています。そして、それはビジネスとして実現していきます・・

何もない少年がどのように廻りを巻き込んで、夢を実現していくかが見られます。
これを見れば、どんな状態からでもビジネスを始めることができるのが良くわかります。


読んだらポチッとお願いします

億万長者の時間の無駄

いつもポチッとありがとうございます。

時間という資源をどう使うかによって、人生はどうのようにも変化します。どんな時間を使うか基準が決まっていれば、使いやすくなります。

「自分が貢献できる最も重要な問題に取り組んでいるという実感がないと、自分の時間を無駄にしている氣になるんだ。」マーク・ザッカーバーグ (フェイスブック創設者・2010年米雑誌フォーブスが発表した「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位、1984年生まれ)

読んだらポチッとお願いします

カルマ

いつもポチッとありがとうございます。

信じても、信じなくても、いいですが“カルマ”というものがあります。産まれて来る前から、体験することが決まっているイベントです。

体験するイベント(出来事)に良い悪いはありませんが、それをネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかは完全に個人の選択の自由です。

私の場合は、3歳から10年強ほどは身体的に不自由な体験をするというカルマが決まっていました。それから23歳から30歳までは家族的及び社会的な不自由を体験することも。

カルマは避けることはできません。避ける意味もありません。それを体験するのも産まれてきた目的の1つです。

カルマを避けようとすると、時期をずらすことができますが、より大変なときにより多くのカルマを一遍に体験することになるので苦労します。

カルマの性質は借金に似ています。
返さないでいると利子が増えて、いつかは必ず返さないといけなくなる。

カルマは努力しても早く終わらせることはできません。体験することを通して、キチンと氣づきを得ないと終わりません。

苦労している人は、カルマをネガティブに経験しています。
そしてその状態は更に苦しい経験を引き寄せます。

カルマをキチンと消化できれば、その経験はその後の人生を素晴らしいのもにします。

私の場合は、身体的に非常に健康で、怪我も病氣もしなくなりました。人間関係的にも、家族的にも、経済的も、精神的も、時間的も、豊かになりました。

読んだらポチッとお願いします

110日

いつもポチッとありがとうございます。

昨日11月11日は、息子誕生110日目なので、“お食い初め”をすることにしました。突然思い立ったにも関わらず、ネットで検索して2時間以内に立派なお膳が用意できました☆


CIMG3562   CIMG3564

世の中、便利になってきたなぁ。
彼が大人になる頃は、どんな世界になっているかな?

読んだらポチッとお願いします

人を幸せにすることは出来ない

いつもポチッとありがとうございます。

自分以外の人を幸せにすることはできません。
一時的には幸せにできますが、継続的には出来ません。
このことをわかっていないと、親子関係、夫婦関係、恋愛関係、友人関係、仕事関係、全ての人間関係に苦労します。

例えば、お金に困って不幸な人にお金をあげれば、その人は一時的にはハッピーな氣分になります。しかしお金が亡くなれば、また不幸な氣分になります。
そして、またお金をあげます。またハッピーになり、お金が無くなる。またお金をあげる。永遠にあげ続けても、もらう人は本当に幸せな氣分になることはありません。それどころかある程度継続してお金をあげていて、途中であげるのを辞めたら、もらうのに慣れてしまった人は確実に不幸になります。
最悪、逆恨みでお金をあげたのに怨まれることになり、両方とも不幸な氣分になります。

幸せかどうかは主観的なことです。
本人が幸せかどうかを選択して決めることです。
他の人の選択を代わりにすることはできません。
その人の問題は何も解決しません。
他の人の代わりにトイレに行くようなものです。

自分を幸せにすることはできます。
他の人の幸せに貢献することはできます。
例えば、お金に困って不幸な人が経済的に豊かになることを決断していれば、その人に仕事やビジネスのやり方を教えてあげることはできます。そして、その人がしっかりと取り組めば、自分で自分を幸せにすることに貢献することはできます。

不幸な人の特徴は、意識レベルの深いところで、自分以外の何かに自分を幸せにしてもらうことを期待しています。

読んだらポチッとお願いします

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント