週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2011年02月

波動で叶う

いつもポチッとありがとうございます。

波動で願いはすぐに叶う。

夢や目標の達成を願う人は多いけれど、キチンと波動を出している人は少ない。多くの人の願いは“欠如”を元にしている。

『もっとお金が欲しい』 → 【今の収入では足りない】

『素敵な恋人が欲しい』 → 【愛情が不足している】

〜が不足しているから〜が欲しいという“欠如”を元にした波動からは、やはり“欠如”しか創りだされない。上記の例で言えば、お金は増えないし、恋人もできない。例えもっとお金が手に入ったとしても、更にお金が足りない状況が創りだされ、恋人が出来ても愛情を感じることができない。

本当に心からワクワクする波動だけ出せば、叶う結果もワクワクするものになる。

読んだらポチッとお願いします。

仕事量と収入

いつもポチッとありがとうございます。

仕事の量と、収入はある地点から反比例する。
たくさん仕事をすればするほど、収入は頭打ちになる。

例えば年収500万円だけど、年収1億円欲しいと思ったら20倍仕事量を増やせば良いわけではないだろう。また現実に20倍の仕事量はできない。

ではどうするかというと、無駄な仕事を徹底的に減らす。
無駄な仕事を減らせば減らすほど、収入はあがる。
そして、ほとんどの人の仕事の80%〜98%は無駄な作業になっている。
しかし本人達に自覚はない。


私が起業して初めて講演会を主催した時、一人で会社を運営していた。チケットは当日の3週間前に全て売り切れ。それから当日までは何もやることがなかった。

同じような企画を知り合いの会社も行った。
その会社は社員7名、講演会当日までの2週間は全員徹夜になった。
どちらも1000人以上の同じ規模の講演会。

そこの社長に聞かれた。
「どうやって一人でできたの?」
こちらも聞きたかった。どうやったらそんなに仕事を増やせるのかと。

一人でできる仕事にたくさんの人が関わると、不思議なことに仕事が増える。
増えた仕事の為に、また新たな仕事が増える。無駄が無駄を生む。

あちらは7人、私は一人なので、収入は私の方が多い。
けれど仕事量は圧倒的に少ない。

無駄な仕事を減らせば減らすほど、収入はあがる。


読んだらポチッとお願いします。

世間話

いつもポチッとありがとうございます。

今日、息子とのお散歩コースでよく行くコンビニのオーナーさんから話しかけられた。

「イクキュウいいですね。」

「???」

しばらくして、どうやら育休をとっていると思われているんだとわかった。

「毎日休みみたいなもんですから」

そう答えると、オーナーさんはやや驚いて微妙な表情で、

「毎日子供と一緒でいいですね・・」

どうやら今度は失業中だと思われたようだ。
世間話は難しい。

読んだらポチッとお願いします。

喜びと苦痛

いつもポチッとありがとうございます。

ほとんどの人の感覚は狂っています。
狂った時計が正しい時間を示すことがないように、また狂った磁石が正しい方向を示すことがないように、狂った感覚では豊かで楽しい人生は実現できません。

感覚が狂っったままでは、何が喜びで何が苦痛かを正しく認知できません。そのため毎日喜びよりも苦痛を多く感じます。

ほとんどの人に感覚が狂っている自覚はありません。
しかしそのことは明確です。
例えば、過度にお酒を飲むことや、タバコを吸うこと、暴飲・暴食を喜びだと感じていますが、実際には苦痛の種です。

嫌な仕事を我慢してやって幸せになろうというのも、喜びと苦痛を混同しています。

もしあなたが毎日を喜びではなく苦痛を感じているならば、何が喜びで何が苦痛かを知らないからです。何が喜びで何が苦痛かを知らないのは、あなたが自分が本当は何者かを忘れてしまったからです。

読んだらポチッとお願いします。

怠惰

いつもポチッとありがとうございます。

意味のない仕事は少なくしよう。それは決して怠けていることではない。そうすればもっと自分自身の重要なことに集中できるからだ。これはほとんどの人に受け入れられない考え方だろう。なぜなら、我々の仕事文化では、個々の生産力に対してではなく、個人の献身的な犠牲に対して報酬を払うからだ。
〜中略〜
では、怠惰を新たに定義し直そう。「怠惰」とは、理想とほど遠い現状に耐え、成り行きや他人に自分の人生を決めさせること。あるいは、オフィスの窓から傍観者のように時が過ぎ行くのを見ながら、小金を貯め込むこと。

「週4時間」だけ働く。「週4時間」だけ働く。
著者:ティモシー・フェリス









この定義、賛成です。
実際、自分も30歳でそれまでの仕事を辞め、起業してからは、月3〜4日しか働いてません。それでも相当豊かに楽しく暮らしてます。


読んだらポチッとお願いします。

すごい

いつもポチッとありがとうございます。

DSC_0005

先日のサッカーの試合、すごい雪だった。
雪かきしてからラインを引いてやったけど、すぐに雪が積もって見えない。

CIMG4924

昨日はバレンタインデー。
チョコは好きなので良いイベントだ☆
奥さんからはゴディバの2段引き出し付のすごいでかいのをもらった。
しばらくはチョコ買わなくて済みそう☆

読んだらポチッとお願いします。

仕事がない?

いつもポチッとありがとうございます。

「不況で仕事がない」、「ずっと仕事を探している」と聞くたびにいつも??と疑問を感じてしまう。

近所のコンビニでも、居酒屋さんでも、ラーメン屋さんでも、お寿司屋さんでも、スーパーでも、パチンコ屋さんでも、知り合いの会社でも、あらゆるところで人を募集している。どこに行っても人を募集している張り紙がある。仕事を探している人の目に入らないはずはないのだけれど。

もし、自分の会社の顧客がいなくなって、今の仕事ができなくなったって、家族が何とか食べていけるくらいの仕事は近所で探せそうだ。
実際、学生の頃はバイトをたくさんやってたので、何だってできる。何だってやる氣だったら仕事はたくさんある。

もし、年齢制限があっても誤魔化すか(実際に昔は年齢を偽ってて働いてた。そのほうが時給が高かったから)、どうしても雇ってもらうのが難しかったら自分でお金になる仕事を創りだす(現在やっている)。

だから「仕事がない」とか「ずっと仕事を探している」と聞くと不思議に感じてしまう。機会はたくさんある。何でもやる氣があればだけれど。

読んだらポチッとお願いします。

スピリチュアル☆リッチ

いつもポチッとありがとうございます。

全ての人に優越はない。
全ての人は完璧に創られている。
ただほとんどの人は、そのことを知らない。

優越はないが、人はそれぞれ得意なこと、不得意なこと、好きなこと、嫌いなことが全員違う。
自分の得意なこと、不得意なこと、好きなこと、嫌いなことを知っていれば毎日が楽しくなる。
ただほとんどの人は、そのことを知らない。

自分が何が得意で、何が不得意で、何が好きで、何が嫌いか知らないままで、“他の人も同じようにやっているから”、“今までずっとやってきたから”という習慣で、毎日同じような日々を繰り返す。多くの人がストレスが溜めてうまくいかない人生を過ごす。そして、ストレスを発散する行為を自分の好きなことだと勘違いして、ますます悪循環を繰り返す。

本当に自分のことを知れば、人生はとても素晴らしくなる。
本当はどこから来て、何をするためにこの世界に来ているのかを知れば、ずっと楽しくなる。

そのことを伝える。

読んだらポチッとお願いします。

お金と幸せ

いつもポチッとありがとうございます。

「お金があれば、大体の問題は解決する。」
TVである人が言っていた。

発言しているその人はお金持ち。
実際にお金をたくさんに持っていて、使い方が良ければ、人生のほとんどの問題は解決できるだろうし、未然に防げるだろう。

お金はないよりは、あるに越したことはない。それに伴うお金の知識があればだけれど。
知識がない人に大金が入っても、数年後は以前より貧乏になる。このことは宝くじの高額当選者の追跡調査で統計的に明らかになっている。

お金があるに越したことはない。ただ、人生のほとんどの問題を解決したからといって、幸せであるかどうかは全然別のことだけど。

読んだらポチッとお願いします。

鬼ばかり

いつもポチッとありがとうございます。

昨日2月3日は旧正月でした☆

F1010001

近所の神社で節分の鬼にいっぱい出会いました。

F1010009

鬼に息子と頭なでなでしてもらいました。


CIMG4839

恵方巻きを食べました☆
豆まきしました。

CIMG4851

新たなスタートにスマートフォンが来ました(レグザ)


読んだらポチッとお願いします。

リッツ大阪 vs リッツ東京 


いつもポチッとありがとうございます。

先日、久しぶりにリッツ東京に泊まって、リッツ大阪の方が断然いいなぁと思っていたら、世間の評価もやはりそのようです。
ベストホテルランキング
http://diamond.jp/articles/-/10946

リッツ大阪がランキング2位なのに対して、リッツ東京は76位。かなりの大差ですね。

3〜4年ほど前から東京はラグジュアリーホテルが乱立してきたが、こんなので経営成り立つのかな?と思ってたら、やっぱりどこも経営は厳しいらしい。

正直、リッツ東京ができてすぐに利用した時から???だった違和感は、2年前に利用した時に頂点に達した。クリーニングに預けていたフェラガモの靴はボロボロで却って来た上に、初めからこんなだったと言われた。
納得できないというと、担当者はフェラガモに問い合わせて“時間の経過でそんな状態になることもある”と言われたと説明される。

「あのな、買ってから1回しか履いていない靴が一夜で変化するか!」とこちらもフェラガモに問い合わせると、「リッツ東京から問い合わせはあったがそんな説明していない」と言われる。

結局、最後まで行き違い納得も理解もできなかったが、リッツ東京からフェラガモに修理に出すことになった。世間の厳しい評価も納得できる。

今回は大過なく過ごせたが(当たり前のことだけど)、また泊まりたいとは思わなかった。

泊まりたいホテルランキングでは、リッツ東京2位、リッツ大阪3位なのに、実際に泊まった人の評価では、76位と2位。

あんまり東京には行かないけれど、今度は帝国ホテルにしようかな。

読んだらポチッとお願いします。

金の現物

いつもポチッとありがとうございます。

ジム・ロジャーズさんの中で、商品投資がでてきてた。
金・銀、食料などに投資していると。

それを聞いて、昨日は久しぶりに金を買いたくなって、銀座田中に行ってきた。「今、金は割りと高値だなあ。」と思いながら、今回は奥さんへのプレゼント用に買ってみた。
30年近く前、初めて金をお年玉で買ったときよりも高い。その時もかなり高値だったけど。


高値だけれど、買うには良い時期だったようで、銀座田中では金の販売手数料が4月1日から倍になる。30年ぶりの値上げだそうで。


読んだらポチッとお願いします。

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント