週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2014年04月

果物・野菜・炭水化物・タンパク質の正しい取り方

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

はじめに。

健康に関しては、いろんな説を唱える人がいる。中には無茶苦茶なのもたくさんある。ここに書いてあることは基本的にほぼ10年間、私が続けている方法です。ここに書いてあることと正反対のことを勧める人もいます。ここに書いてあることも含め、他人の言うことを鵜呑みにしないで、是非、自分で調べて検証して、自分の体で感じて、できればチェックして欲しい。私はそうしています。基本的に私がこのブログでおススメしていることは、自分で実体験して検証してあることだけです。
体重が減ったとか体脂肪が減ったとか、そんな程度ではなく、血液検査や胃腸の内視鏡検査、人間ドック、毛髪検査などでキチンとチェックした方がいい。そうでないと健康的に痩せているのか身体の大事な機能を壊しながら痩せているのかわからない。どんな《健康》とされる食事を取り入れようと自由だが、間違った方法を長期間採用すれば健康は失われる。1度失った健康は場合によっては2度と戻らない。自分の身体は自分で守らないと誰も守ってくれない。ただ子供の健康は親が守る必要があります。

さて本題。まずは果物から。
(ちなみにここで説明する果物とは生の加工されていない果物のことです。果物をジュースにしても良いですが、あくまで生をそのまま絞ったジュースに限ります。濃縮還元とかではなく。)
果物にはビタミン、ミネラル、炭水化物、アミノ酸、脂肪酸のすべてが、大量に含まれている。身体に蓄積された老廃物を、組織から排除します。この素晴らしい果物も、他の食べ物と一緒に食べたり、他の食べ物の後に食べるとお腹のなかで腐ります。果物だけを食べると30分ほどで消化吸収されますが、他の食べ物の消化時間は最低でも3時間かかるからです。果物を正しく食べることはそれだけ重要です。
人間にとってもっとも体に合っている果物も、食べ方ひとつで体内で腐らせてしまいます。そうなれば体にとって有害になります。まず、果物を食べるときは空腹時。他の食べ物がおなかの中にないときに限ります。食後なんてもってのほか。果物を食べるときには果物だけを食べます。他の食べ物を一緒に入れないこと。
なぜなら果物は他の食べ物と違い、胃の中で消化されず素通りします。胃では消化されません。必要ないからです。果物は人間が唯一胃で消化されず腸から吸収される食べ物です。通常20〜30分で消化吸収されエネルギーに変換されます。

人間は進化の長い歴史の中のほとんどを、ほぼ果物食で生き延びてきたので、消化器官がそのように進化したからと思われます。

『ニューヨークタイムズ』紙は、人類学者アラン・ウォーカー氏の研究についての記事を掲載した。祖先たちが口にした食べ物は、すべて歯に付着し、さまざまな痕跡を残している。博士は化石化した歯の条痕を調べるという方法で調査した結果、当時の食事の傾向について次のように記した。
「1200万年前の時代の原人からホモ・エレクトスまで、調査したすべての歯は例外の1つもなく、果物を食べる種族であることが明白である」

ちなみに一般的に食べ物は胃だけで消化されると思われがちですが、実際は消化吸収のプロセスは口に入ってから始まり、腸内でも続きます。なので胃の全摘出しても食べ物を消化吸収できます。その場合、胃で食べ物を溜めておくことができないので、一回の食事量は減り、かわりに回数を増やします。胃の消化ができないので、よく噛んで唾液の酵素で消化を補う必要もあります。

それから果物の糖分を心配して敬遠している人もいますが、果物の糖分の果糖は、身体の中で砂糖などの糖質とはまったく違う処理のされ方をします。ここでは長くなるので簡単に説明すると、インスリンをほとんど必要とせず、血糖値が上昇することもなく、身体に負担がかからずエネルギーに変わる。

次回につづく

読んだらポチッとお願いします

果物・野菜食が体に合っている理由

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

前回の追記。

⑹ 子供の健康な発達

自分たちの息子には、一度も肉も魚もチーズも牛乳も与えたことはない。
3歳8ヶ月だが体格は4〜5歳で病氣知らずの超健康。

つい先日、グアムで5キロマラソンに参加。
途中休憩や歩いたり、応援したりをはさみつつ、最後まですべて自分の脚で完走してきた。
ちなみにまた走りたいようだったので参加できるレースを探すも、国内で5キロは中学生以上というものが多くて、参加できない。。

白米より玄米を好み、お茶も飲まない。アルカリの浄水を飲む。
食べる量は自分で管理する。
夜は7時ごろから眠くなり、朝は7時前ごろまでぐっすり眠る。

ちなみに知人の子供は6歳で自らベジタリアンになると宣言して実践し、現在190cmくらい。両親は小さいのに。。

というわけで子供の成長と健康な発達にとてもいい。
 

果物・野菜食が体に合っている理由

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

前回の続き。


⑷ 毒素

動物の肉には毒素が含まれてます。
肉食動物の唾液は酸性で、胃は人間よりもはるかに強力な塩酸で消化し、短い腸で不要になったカスを素早く排出します。毒をうまく処理できるようになっているのです。
対して人間の唾液はアルカリ性で、デンプンを分解する酵素が含まれています。腸は肉食動物よりもはるかに長く、消化に時間がかかる肉はその間に腐ってしまうリスクがあります。
動物の肉の毒素の1つの尿酸を排泄する肝臓の能力は、人間は少ししかありません。
肉食動物の肝臓の尿酸の処理能力は、非肉食動物の10〜15倍。

その他、現在の動物の肉には、人体に有害な成長ホルモンや科学薬品の問題も大きいです。

⑸ 油

動物の体温は人間よりも高い。動物の油は常温では個体で、人体の中では固まりやすく血液はドロドロになりやすい。様々な循環器系の病氣になるリスクが高い。



まだまだたくさんあるので、参考になる本です。




超一流のアスリートの間で、ヴィーガン(ミルク、卵など動物性の食べ物を一切食べない菜食)が急速に増えています。

ヴィーガンのウルトラマラソンチャンピオンの本はとても参考になります。

EAT&RUN
スコット・ジュレク







読んだらポチッとお願いします

果物・野菜食が体に合っている理由

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

人間の体には基本的に、果物・野菜食が合っています。
個人的には肉食は嫌いではないのですが、身体には合いません。

いくつかその根拠と理由をあげます。

⑴  霊長類の主食は果物と野菜

人間も霊長類です。消化器官もほぼ同じです。
他の霊長類の主食は果物で、他に葉、昆虫なども食べます。
しかしほとんど主食は果物、葉、根などです。
人間は基本的に草食動物と同じ消化器官と歯をもっています。

⑵ 筋肉を作る

動物性タンパク質が必須のように言われていますが、まったく根拠はありません。
そもそも動物性タンパク質を食べても、そのまま使うことはできません。
タンパク質をアミノ酸に分解して、アミノ酸からタンパク質を再構築して身体を作ります。

筋肉を作るための栄養は果物・野菜だけからで充分とれます。
オラウータンはほぼ果物しか食べませんが握力は500kg。
ゴリラもほぼ果物だけ食べて、片手で人間をボールのように投げることができます。
両者ともタンパク質不足と無縁です。

メッシは以前、
アルゼンチン式のバーベーキューが大好物で毎日のように食べていた。そしてとても筋肉系の怪我が多い選手でした。それをグアルディオラ監督から食事のバランスをとり、食物繊維を多くとるように指示されてから怪我は激減し、4年連続のバロンドール。


⑶ エネルギー効率

肉食はエネルギー効率がとても悪い食べ物です。
⑴でも説明したように人間の消化器官は、肉食に向いていません。
肉は消化吸収に時間がかかります。しかも消化のためにエネルギーがたくさん必要な食べ物です。肉食はエネルギー摂取するために、エネルギーをたくさん消費するのです。

例えばランニング中に肉を食べて、エネルギーに変化することはとても難しいです。
果物はすぐに消化吸収されてエネルギーに変えることができるので、ランニング中でも容易に食べられます。また風邪などで体調が悪い時にも、肉食は内臓に負担がかかり難しいですが、果物は負担が少なくて簡単にエネルギーに変えられます。


まだまだ理由がたくさんで書ききれないので、残りは帰国後に。

読んだらポチッとお願いします

真実のイメージ2

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

グアムに家族で来て3日目。10日間こちらにいます。

今回は直近のブログコメントで質問を頂いた内容について。
http://blog.master-takao.com/archives/52204010.html#comments

お母さんの
向かい合う相手に
心を込めて接すれば、
相手の方に対する真心が伝わって、

相手の方にも
大切にしていただけるようになる

という考えは間違っていません。
ただ、相手によって伝わる人もいれば、伝わらない人もいるだけです。

そのように人に接すれば、そのように自分に接してくれる人は増えるでしょう。ただ伝わらない人もいるとだけ覚えておけばいいと想います。

基本的に人がどのように反応しようと、その人の自由です。
私は人から「このように反応しなさい」と言われるのは嫌いなので、人にもそのように期待しません。その人がどのように反応しようが、基本的にはその人の自由です。人を変えることは基本的に出来ません。

私の嫌いな反応をする人とは、一緒にいたくないので、積極的に関わらないでいいようにします。なので私の周りは私の好きな人ばかりです。

それからもう一つ。
人は育てられた親から、人としてのありとあらゆる在り方を無意識に学びます。
意識的には父のような人とは関わらないで生きて行こうと決めていても、
無意識のプログラムでは、両親のパートナーシップがインストールされています。
なので、そのプログラムにしたがって、父親とよく似た夫(人の真心がわからないという点において)を無意識でパートナーに選んで、母親と似たパートナーシップを組むことになります。

全て自分で創っている人生の現実に氣づいて、何をどのように変えたいかが明確になった時、簡単に自分の人生を変えることができます。

読んだらポチッとお願いします
livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント