週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2014年08月

《ありのまま》でいいか?

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

4歳の息子が『アナと雪の女王』が好きだから主題歌もよく聴く。好きといっても息子は絵本で読むだけで、せっかく買ったブルーレイは、刺激が強いのか観たがらない。

主題歌もヒットしてるからか《ありのまま》でいいという考えが広まってるらしい。

以前から思ってたけれど、何かしら悩んでいる人は本当に今の自分の《ありのまま》いいか?
そもそも《ありまま》でよくないから、なにかしら悩み始めたのだと思うけど。
「なんだ《ありのまま》でいいんだぁ」ってしばらくは納得したように思えても、全然何も解決してないから、また悩み始めると思う。

映画の中でも『ありのままで』を歌ってるエルサは、その後《ありのまま》では全然良くなくなり、また悩む。そして物語の終盤に、かつて自分の力を恐れて【本来】の愛を封印した《ありのまま》の自分ではなく、妹に対する【本来】の愛を思い出して、【本来】の自分に戻ってハッピーエンドになる。

今の《ありのまま》の自分をしっかり理解することは、とても大事だと思う。
それで何か支障があるのなら、本来どうなってたらいいかしっかり決める。
それだけでも物事は望む方に進む。

例えば自分の場合は、11歳くらいまで運動が全く苦手だった。生まれつきの脊椎の異常で生後6ヶ月で手術を受けたから、当時は常にギックリ腰のような状態だった。
ある時、運動が出来ない《ありのまま》を自分をしっかりと見直した。その時までは、自分は医者から歩けないかも知れないと言わたくらいだから仕方がないと思っていた。だが《ありのまま》の自分を見直した時、その《ありのまま》の自分で一生いることは絶対に嫌だった。

苦手だけどもっと運動はしたかった。その時、神さまからもらった【本来】の自分の身体は、もっと丈夫なはずだと氣づいた。それまで痛みのために避けていたあらゆるやりたい運動をやり始めた。それから【本来】の自分の身体だと感じるレベルになるまでは、時間はかかったが、今では自分のやりたい運動は、やりたいレベルでできる。先日、肺活量を測ったら6.5Lあった。

自分の場合は《ありのまま》でいいのは、現状維持したい時だけだ。

夢と犠牲

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

「夢や、やりたいことを実現するには犠牲がいる」とたくさんの人が思ってる。
個人的に、この考え方は全く理解出来ない。

自分の一番やりたいことを一番優先することは、犠牲なのか?
犠牲と言うなら、毎日一番やりたいことを優先せずに、それ以下のことを優先する方がよっぽど犠牲にしているように思う。毎日、自分の夢や、やりたいことを犠牲にしていると。

社長の仕事

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

先日、知人の家で某メーカーの社長に偶然逢った。
遊んでいる息子に近寄って来たので、「こうくんが好きな◯◯作っているところのおじさんだよ。」と言うと、その社長さんは急に方向を変えて「いあや〜ちょっと、、」と何やらブツブツ言いながら、遠ざかってお酒の席に戻って行った。割と有名なメーカーの社長さんで、本も出しているし、テレビにも出ていてるので顔も出ている。

社長に親しい人に聞いた話では、最近売り上げが落ちているそうだ。
実際に社長に逢ってわかった。売り上げが落ちるのは当たり前だと。
目の前に自社の製品を買っているお客さんがいるのに、会社の代表自ら逃げていく。これでは自社の製品からお客が逃げていくのは当たり前。

社長の唯一仕事は、会社の方向を決めること。取引先でも、重役会でもなく、お客さんを基準に決めること。直接、お客さんと接する絶好の機会を無駄にしている。
この社長さんは何を基準に方向性を決めるのだろうか?

社長は全然会社に来なくても良いし、遊んでいてもいい。ただ24時間会社の方向性を考えて、それを決定すること。これは社長にしか出来ない。

ヴァージングループの創始者のリチャード・ブランソン氏は、自社の航空会社の飛行機に乗る時、必ず乗客全員と握手をして感想を聴くそうだ。そして問題点が見つかればメモをとって、すぐに改善するように意思決定する。

ソフトバンクの孫社長は、ツイッターでお客さんとやりとりして、要望や改善点があれば実現するように意思決定する。

伸びる会社の社長は、ちゃんと社長の仕事をしてる。

お金は不足しない。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

お金は不足しない。絶対に無くなることはない。
なぜなら、お札は国立印刷局で、貨幣は造幣局で毎日毎日休むことなく作ってるから。
世の中に十分に行き渡るように作っている。決して枯渇することがないように。

なのになぜか、多くの人はお金には限りがあって不足するものだと信じている。
そして今回の人生の限りある時間と、不足することのないお金を交換しようとする。

お金が不足することはない。

例えば、異性に縁がない人は、異性の数が不足しているからだろうか。
男も女も一生かけても全員に会えないくらい数はいる。毎日生まれている。
現在のところ決して不足することはない。もし、異性に縁がない人が「男が足りない」とか「女が不足している」とか言ってたら、変な感じがするだろう。それは原因じゃないんじゃないかと。
「男(女)は世間に溢れているのに、なぜ自分のところに相手がやって来ないのか?」を自分に質問することから始めればいいと思う。

お金に縁がない人は「お金が足りない」と普通に話している。
それは原因じゃないんじゃないかと。
「お金は世間に溢れているのに、なぜ自分のところに充分にやって来ないのか?」を自分に質問することから始めればいいと思う。


テレビの真実

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

「テレビは真実を伝えない」とか、「やらせだ」とか色々言われているけど、何か根本的な勘違いがある。

まず、どの業界での一緒だけど、お客さんのためにサービスしている。テレビ業界にとって、視聴者はお客さんではない。お金を払ってない。なので基本的には視聴者のためにキチンとした番組にする必要をそんなに感じていない。そして、視聴者からのクレームなどもそんなに氣にしていない。お客さんではないから。
もちろん、NHKとかwowowとか視聴者から直接お金をとっている場合は別だけど。

どの業界でも同じだけど、氣にしているのはお客さんのこと。
テレビ業界が一番氣にしているのは、お客さんであるスポンサー企業。
彼らが自社の宣伝広告のためにお金を出してくれるから、テレビ業界は成り立っている。
テレビ業界が氣にしているのは視聴率。視聴率さえ高ければ、番組内容がいい加減だろうが氣にしてない。テレビ業界が視聴率を氣にするのは、スポンサーが氣にしているから。たくさんの人が見てれば、それだけ宣伝になるし、視聴率が悪ければ次からお金を出さないかも知れない。

当たり前だけど、お客さん(スポンサー企業)の都合の悪い報道は絶対にしないし、お客さんの意向に沿う番組内容になる。真実かどうかよりも。


グアム

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

続き。グアムのその他。


水牛には、1歳の頃から自ら乗りたいと意思表示して乗ってきたから余裕。

DSC04539
























バスの運転席に乗せてもらった☆
去年はジェット機のコクピットにも載せてもらったな。
http://blog.master-takao.com/archives/52210029.html

DSC04683














マラソン後は水浴び☆

DSC04488


















完走の記念にホテルスタッフからプレゼント。
この後も何度もプレゼントをもらう。

DSC04508


















プレゼントの一部と。実際はもっと貰ってる。
どこに行ってもいつもたくさんプレゼント貰えるのは不思議だ。

DSC04740














最後は大好きなミッキー&ミニーが大量にあったのに驚いた顔。

DSC04687















livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント