週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

2014年11月

アメリカンな感じ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

こちらにきて感じた「※アメリカンだなぁ」をまとめてみた。
(※おおざっぱ、いい加減な感じのこと)

 2014-11-29-07-03-00












ますはスタンダードにごはんの量がアメリカン。どんだけ食べるの?
とにかく注文しすぎに注意。ちなみに2人で一人前のチャーハンめっちゃ余った。
冷たい飲み物にも注意!Sで頼んでも日本のXLくらいはある。


2014-11-30-04-18-05












トイレがアメリカン。
けっこうなホテルのトイレでもペーパーがものすごく届きにくい。
写真は体を相当捻らないと取れない位置にあるが、まだマシで真後ろの時もある。
ちなみにシャワーの出し方の基準はホテルでバラバラで、押したり、引いたり、捻ったり、色々なバージョンが存在する。慣れない人はあらかじめホテルの人に聞いた方がいい。でないと裸で苦戦することになる。排水はほとんどどこでも極めて悪い。


2014-11-29-06-01-03












カーナビがアメリカン。
写真はハーツレンタカーの付属のカーナビ。
無茶苦茶な位置に取り付けてある。おまけに画面が小さい。これをまともに見ようと思ったら前は全然見えない。ネバーロストナビゲーションシステムという名前の割にはしょっちゅう現在地がズレてわかんなくなる。カーナビを見てくれるナビの人がとなりにいないと、あまり役に立たない。
アメリカンは、運転が下手な割にハイウェイをすっ飛ばしてくるので慣れるまで怖い。


2014-11-25-11-43-01
















バスローブがアメリカン。
ヒョウ柄。これを普通に着こなせる日本人はダイヤモンド☆ユカイさんくらいだろう。

結構いろんなことが、いい加減で、おおざっぱ。
交渉次第で融通がきくので便利なこともある。

留学時代に運転免許の筆記試験に来た時、1度目は落ちた。
試験官がその場で採点し始めて一言、「もう一回受ける?」
「受ける」と答えるとなんとさっきと全く同じ問題を持ってきた。
さっき、目の前で採点してたのだから答えわかってるんだけど、、、
当然合格した。

帰ってからホストファミリーに「どう受かった?」と聞かれてなんと答えたらいいか迷った。

読んだらポチッとお願いします

エクスペディアは要注意‼︎

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

長期海外旅行にくると、たまになんらかのトラブルが発生する。
例えば以前はこんなのがあった。

今回はエクスペディアと。

昨日までサンフランシスコのホテルに泊まっていた。
本当は6泊する予定だったが、2日目の夜中に上の階から物凄い騒音がした。ドンドン響くしあまりに酷い。他の部屋からも何事かと外に出てくる人もいた。上階のフィットネスの掃除を始めたらしい。
すぐにクレームを言うと、しばらくして止んだ。
ちょっとこのホテルはないな、と思ったのですぐにホテルを移る手配を始めホテルに伝えた。

今回のホテルはエクスペディアを通じて手配した。メールで来た旅程表の見ると途中の変更も大丈夫だ。一応、確認しておこうと思って国際電話してみると「チェックイン時に100%の料金が発生する。途中で変更しても100%かかる。」とのこと。

「どこにそんな内容が記載されているのか?」と尋ねると、

「旅程表にもオンライン上にも載っている。」と。

「両方、今見ているがどこにも載っていないが。」と言うと、

「載っている。今からその旅程表をメールで送る」とのこと。

これ以上、国際電話で押し問答するのも無駄なので、じゃあ送ってくれと伝えて電話を終えた。送ってきた。自分の持っている旅程表と全く同じで、どこにもそのような記載はない。
奥さんと2人でオンライン上の予約画面を調べても載ってない。

なのでエクスペディアにその旨をメールした。
すると翌日、返信があった。
内容を要約すると、弊社の規定は旅程表に記載してある。よく読んでくれ。
そして新たな旅程表が送られてきた。そこには今までになかった《チェックイン時に100%の料金が発生する》との記載が追加されている。
これはちょっと酷いので、内容を改ざんしたものを事後に送ってこられても無効だと返信する。

するとまた返信があった。
改ざんや追加などなどしていない。システム上そんなことはできない。
あなたは予約確定前に当社の規定に同意するにチェックしている。そこにはそのように記載してある。とのこと。

なのでメールをまた書いた。
改ざんや追加などしていないのであれば、一回目に送られてきた旅程表と2回目の内容はなぜ違うのか?
HPの予約画面にも、メールの旅程表にも、途中の変更できる旨を記載しておいて出来ないのはおかしいと。
以下のサイトを参照

何回か押し問答メールをしているが、恐らくラチがあかないだろう。
なぜなら【エクスペディア トラブル】 で検索したら、山のように遥かに酷いトラブルが出てきたから。
中には、返金を約束しておいて未だに返金されないとか、ホテルとエクスペディアに料金を2重で取られたという信じがたいものある。

今までに便利だから利用してきて、特にトラブルはなかったが、一旦トラブルになったらものすごい面倒な会社だ。
料金も最安値保証と書いてあっても、実際はホテルや航空会社のHPで直接取った方が安かったりするし、何よりも直接だと変更やキャンセルでトラブルことはほぼ無い。
今後、エクスペディアを利用することもないし、これを読んで利用したいと思う人もあまりいないだろうけど、万が一、利用してトラブルになってしまった人のために、今回の自分たちの対応を参考に書いておく。

それはとても単純。カード会社に連絡して事情を話しその分の支払いを止めてもらう。
これをカードの支払いが終わるまでに完了すること。もし支払った後だと後の祭り。
適正な料金の請求が来るまで支払いは拒否する。
 
例えエクスペディアに後から返金すると言われても、信用できないようなので、カード会社でストップする方が安全だ。

海外移住

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

現在サンフランシスコ、家族旅行2週間目。
次回は3ヶ月くらいの家族留学とかいいかもと話し合っている。

以前はいずれは海外移住しようと思ってた。
オーストラリア、カナダ、アメリカ、、、
でも今は全然思わない。
日本に住んで、海外に出掛けるのが一番いいと感じている。

3.11以降、そう思うようになった。
あれだけの危機の中、略奪や暴動もなく、安全でいられる国はない。
同じようなことが起こった時、海外だと略奪や暴動が起こっている。
そんな中に家族で居られないと思った。

日本の将来の経済を心配して海外を考えている人もいる。
じゃあ将来どこだと安全という国もない。日本の経済が破綻したら、ほぼ間違いなく世界経済も破綻する。現在のグローバル経済では主要な国が1つでも破綻したら連結破綻するしかない。

今でも世界3位の経済大国の日本。第1位のアメリカに来て感じるのは長期は住めない。
20年前に住んでた時は、まだ良かったけど、現在のアメリカはちょっとないな。
医療、教育、サービス、安全どれをとっても日本の方がいい。
医療と教育はお金を出せば日本より良いのがあるが、サービスと安全はダントツ日本。あらゆることが行き届いてる。

じゃあ中国はというと、あらゆる意味で絶対住めない。

そもそも日本の富裕層が海外移住している一番の理由は租税回避。
税金に関しては日本の累進課税は酷い。はるかに税金が安い国が海外にはある。
日本で高い税金を払うくらいなら、海外に住んでその浮いた分で日本にいる以上の暮らしをしてもまだお釣りがある。

税金以外では、ほとんどの日本人にとって、今までもこれからも日本以上に快適に安全に暮らせる国はないと感じる。

スピリチュアルメッセージ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

前回の投稿のたくさんの方のシェアありがとうございました。
いつもは多くても20いいね!くらいなのに、200いいね!を超えてました☆


「すごい、スピリチュアルなメッセージが聞こえるんですか?」「どんな風に聞こえるんですか?」「どこからのメッセージですか?」「どうやったら私にも聞こえるようになりますか?」とか言われる。

私の場合、はっきりと声で聞こえる場合はあまりない。なんかイメージがくるというか、感情にくるというか表現しずらい。タイミングもバラバラで寝てるときとか、本を読んでいるときとか、コンサル中とか、瞑想中とか、会話中とか、、色々。
まれにコンサル中の相手に、亡くなった人からのメッセージがあったりするが、亡くなった人からのメッセージは滅多にない。どこからのメッセージかわからないことがほとんど。わからないけれど、素晴らしくいい感じのエネルギーとしか表現できない。

一旦メッセージが届いたら、それをアウトプットしないと氣持ち悪いというかスッキリしない。何故届くのかといえば、それを伝えて欲しい先があるからで、特定の個人の場合もあれば、もうちょっとたくさんの人が対象の時もある。個人だったら電話やメールする。もうちょっと多くの必要な人にメッセージを届ける場合だと、前回の投稿のようになる。
自分の意思とは関係なく届くので「えっ?今から電話するのか」「今からブログ書くのか」とか思うけど、そうしないと落ち着かない。

いつから聞こえるか?といえば、たぶん奥さんに会ってから。
それまでもなんとなくの直感だったり、自分がしようと思っていることに「辞めた方がいい」という内面からの強い呼び止めがあったことはある。でも奥さんの影響でもっと普通に聞こえたり(感じたり)するようになったと思う。

奥さんはチャネリングをするから、また私とは違うと思う。
奥さんがトランス状態でチャネリングをするようになったのは、私と会ってからだからお互い影響しあってる。奥さんは生まれつき聞こえるタイプ?で、お墓参りとはお墓と会話することだと思っていたらしい。
家系らしく、お祖父さんも何かとわかる人だったらしい。叔父さんは色々がみえるタイプで?政治家や芸能人も相談に来ていた。
奥さんもみえるらしい。息子も。

どうやったら聞こえるかは、よくわからないけど、誰でも聞くことは出来るし、何らかのメッセージは誰でも受け取っていると思う。別に聞こえること自体は珍しいことでも、特別なことでもない。

殺人犯にだって聞こえる。「殺せ」という声が聞こえたということよくある。
スピリチュアルなメッセージといっても、メールやインターネットと同じようなもの。
色んなチャンネル、情報源がある。神聖な存在から浮遊霊まで。
本当に役に立つ情報も、いい加減な情報、有害な情報もある。見極めが大切。

どんな人がメッセージを受け取って発信しているか氣をつければいい。
暗い、葛藤、悩み、自己憐憫、自虐的、エゴが強い、一貫性がない、大げさ、支配的、品がない、ウソ。
これらのいずれかを感じる人のメッセージは避けた方がいい。

明るい、豊か、自由、一貫性、真実、愛、品がある、優しい。
これらの全てを感じる人のメッセージは受け取っても問題ない。

ちなみに自分達は、ある2人のインドの聖者以外からの霊的なメッセージや情報を受け取ったりはしない。この2人は自分達とは段違いで、はるかに色んなことがわかる。(一人は2012年に肉体を離れた)

それ以外の人達からは、自分達の方が精度が良いので必要ないと感じている。
ipadがあれば、地図と磁石が必要ないと感じるのと同じように。

愛されたい・認められたい人【メッセージ】

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

人から《愛されたい・認められたい》という人は本当に多い。

本人が自覚していることもあれば、無自覚の人もかなりいる。
『何か大きなことを成し遂げたい』『お金持ちになりたい』『ビジネスを拡大したい』と言っている人に、その理由をトコトン突き詰めると、ほとんどの人はそれが出来れば人から《愛される・認められる》と思っている。

その“人から《愛されたい・認められたい》”の人って誰か?を特定していく。これもトコトン突き詰めたら、ほとんど全て、父親か母親もしくは両方に対してになる。

《愛されたい・認められたい》という欲求の対象は親。と、ここまでたどり着く人はいる。
そこで、大抵のカウンセラーやスピリチュアルとかいう人たちは、「あなたは愛されている」「あなたは価値がある」と言ってアファメーションを教えたり、インナーチャイルドがなんとか、、と教えたり、さまざまな癒しをする。

確かにそれでもある程度の効果はある。
でも《愛されたい・認められたい》という欲求はマシにはなってもなくならない。
それは元々は《愛されたい・認められたい》とは思っていなかったから。

幼少期もしくは赤ちゃんのときに、親に対して何かに失敗したから。
元々、自分は親を⚪︎⚪︎にしようと思って産まれてきたのに、親はそうならない。それが出来なかったから、自分は不十分なんじゃないかと思い始めて《愛されたい・認められたい》という欲求が出てきた。

⚪︎⚪︎に入るのは「笑顔」とか「幸せ」。

【メッセージ】

私は親のハッピーを手伝いに産まれてきた。
私のすることで親に「笑顔」になって欲しかった。
私のすることで親に「幸せ」になって欲しかった。
私の存在自体を喜んで欲しかった。

ただ喜んで欲しかった。
ただ笑って欲しかった。

子育てをする全ての親へ
子供はあなたを笑顔にしたい。それを手伝いにやってきた。

今も《愛されたい・認められたい》と思っている人へ
親を笑顔に、幸せにできなかったのは、あなたのせいではない。親が未熟だっただけ。
今でも親が笑顔になればいいと思う素直な氣持ちでいて、
でも笑顔になるか幸せになるかは親の問題だから、
もう自分が笑顔と幸せでいることに集中して、
子供を笑顔で観て。
かつてあなたがして欲しかったように。

どこの子供でも、誰の子供でもいいから。
子供があなたに微笑み返したら、
そこであなたは満たされる。

am 4:14 サンディエゴにて

読んで良ければシェアして下さい☆

サンノゼ〜サンディエゴ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

サンノゼから飛行機で移動してサンディエゴにやって来た。

サンノゼでは4日間ほぼホテルにいた。4歳の息子くんがめずらしく熱をだしていたから。今まで4年間で2回くらいしか熱など出たことがないのに。出国前日から熱が出だして治まったりまた出たり。
なのでサンディエゴへ移動の前にカードの保険を使って現地の医者へ。結果はウイルス性で喉がやられていると。お薬で3日もすれば治るとのこと。クリニックには薬局がないとのことで、どこで手にいれようかと思っていたらなんと滞在ホテルの隣りはドラッグストア。そこで処方箋の薬をゲット。まるで計画してたのかのようなスムーズさで混乱なく対応できた。

2014-11-12-10-27-08









日本出発のANAのビジネスシートで1人で寝ようとする4歳児


移動が大丈夫なのでチケットをとってサンディエゴに移動。
飛行機はサウスウエスト。日本ではあまり知られていないが、アメリカでは熱狂的なファンが多い。
社員第一、顧客第二」を掲げて超ユニークな経営をしている。



911で全米の航空業界の各社が大打撃を受けているなかレイオフ(解雇)なしで唯一黒字で乗り切る。熱狂的なファンの顧客から会社に多くの寄付が集まったという。世界で最も安全な航空会社10社に選ばれている。
座席は全て同じで、いずれも低料金。席の指定すらない。席はなんと早い者勝ち。チケットにはゲートに並ぶ順番が書かれているだけ。好きなところに座る。
満席だったけど混乱もなく出発。

サンディエゴに到着。
20年前に留学で半年間住んだ町。あれから何回か訪れて永い付き合いになった。
ホテルに入ると凄い騒音、内部を改修工事してるらしい。部屋に入るがこれでは6日間キツイと家族で意見が一致。キャンセルして隣のホテルへ行くことに。キャンセルの交渉中もうるさくて会話しずらい。
フロントが何を言ってるのか聴き取れない。「え?何だって聴こえない」というと、デカイ声で「うるさいからキャンセルするのか?」だって。「That's right」と言うとキャンセルチャージはなしになった。

そして隣のホテルにお引越し。
2014-11-15-07-38-41


















元々、どちらのホテルにしようか迷っていたので、スムーズに移動できた。
さらに何故だかとてもお得な価格で宿泊できることになった。

2014-11-15-13-13-26









読んだらポチッとお願いします

悩むのを止める

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

たまに「悩まないんですか?」と聞かれる。

「悩むよ。今日はどこ行こうかなとか?、何食べようかな?、どの車に買い替えようかな?とか悩ましい。」と言うと、「そういうのじゃなくて、将来とか、お金のこととか、仕事のこととかで、行き詰まるような悩みは?」と言われる。

そういう悩みはここ10年くらいない。
正確に言うとそうのを悩むのは、10年前に止めた。
悩むメリットがない。悩んで良いことが思いつかなかった。
クヨクヨ悩んで良かった〜と思える経験もなかった。

デメリットはたくさんある。時間は取られるし、楽しくないし、健康に悪いし。
何も得することがない。
ギャンブルとか、タバコとかと同じでデメリットばかりだ。
だから止めた。

以来10年間、悩むのを止めて困ったことは思いつかない。
止めて良かったことは、毎日氣分が良いこと、楽しいこと、豊かになったこと、、、、。

ちなみに悩むのを止めるのと、考えるのを止めるのとは全然違う。
タバコを吸うのを止めるのと、息を吸うのを止めるとは全然違う、のと同じくらい違う。

読んだらポチッとお願いします

旅行の目的

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昨日からサンノゼに来てる。

ANAのビジネスクラスでフルフラットだったけど全然眠れなかった。奥さんもあまり眠れず。
息子(4歳)は寝れたようで良かったけど。ビジネスマンに向けた完全に個別の席だったので、1人で大丈夫かと思ったが、心配なかった。

スティーブ・ジョブスの出身もほど近いここは、シリコンバレーの有名IT企業本社が多い。
アップルやインテルにも行ってみようか。

スティーブ・ジョブスは、自分のipadにたった1冊しか電子書籍を入れていなかったことは有名。
それがこの本。

あるヨギの自叙伝
パラマハンサ・ヨガナンダ







もし無人島に1冊しか本を持っていけないとしたら、自分はこの本を選ぶだろう。

今回の旅のメインは、この聖者の寺院に家族で行くこと。
その場所は、何も知らずに20歳の時に留学していた場所から、なんと車で30分位。
この広大なアメリカで車で30分は、偶然ではありえない距離。何事もご縁と導き。

いつもの家族での旅は2週間でも1つのホテルに滞在することが多いが、今回は3週間で様々なホテルを廻る予定。ランクも様々で3つ星から5つ星まで。シリコンバレーから聖地、リゾート地、レゴランド、ディズニーランド、、、とバラエティ豊か。

昨日から滞在のホテルは古き良きアメリカな感じのホテル。
広い部屋をとったけど、レンジやキッチンがついている。
なんとも懐かしい雰囲氣を愉しめる。
となりにドラッグストア、歩いてすぐにベジタリアン対応のとっても美味しいお寿司屋さんがある。
楽しんで行こう。

有り難いこと

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

私はちょうど10年前、仕事を辞めて起業しました。

何のために起業したかというと、豊かさと自由を満喫するライフスタイルのためにです。
今からちょうど20年前に、私は大学を休んでアメリカに留学していました。
半年間働いてお金を貯めて、半年間留学したのです。

留学時代は朝から夜まで楽しいことが中心のライフスタイルでした

その時に満喫した自由と豊かさを、大学卒業後、仕事を始めてから一度も感じることができなくなっていました。
当時は週5,6日、一日10時間以上、楽しくない仕事をしていたのだから当然ですが

そして30歳(10年前)になった時、このままでは、もう一生あのようなライフスタイルを体験することは出来ないかも知れないと思いました。だったらまた半年だけでもいいから同じような感情になれるライフスタイルを味わいたいと感じたのです。

誰から応援されることもなく(母親を除く)、仕事を辞めて入ってくるお金もなく、コネも当てもなく、誰に相談することもなく一人で決めて、一人でスタートしました。

あれから10年経ちました。

10年間ずっと豊かさと自由を満喫するライフスタイルが継続しています。
10年間ずっと苦労も挫折も失敗もなく、我慢も下積みもなく。
こういうことが本当に有り難いことだと思います。
スタートは一人で。次は夫婦で。子供が産まれて家族で。拡大継続中です。

20年前、留学しました。
10年前、起業しました。
5年前、結婚しました。

今月は家族で私が留学していたカリフォルニアに行ってきます。

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント