ポチッと押してもらえれば、うれしいです

2日目は、朝からちょっと町でお買い物です

ルピーインドのお金はルピーといいます。

お札に印刷されているのは、個人的にも尊敬しているガンジーです。面倒くさい訳ではないのでしょうが、全部同じ顔のガンジーが印刷されています。海外に持ち出し禁止なのでインドで両替しないといけません。

 

私はお札に書かれている言葉を見るのが好きです。

インドのお札には、10ルピーだと“I PROMISE TO PAY THE BEARER THE SUM OF TEN RUPIEES"(これを持ってきた人には10ルピー分を払うことを約束します。)と書かれていてインド銀行総裁?のサインがあります。

米ドルだと“IN GOD WE TRUST”(神の元で保証する)と“THIS NOTE IS LEGAL TENDER FOR ALL DEBTS, PUBLIC AND PRIVATE”(この紙幣は私的、公的、全ての債務の請負見積書である?)

なんだかわかったような、わからないような言葉ですね

 

ちなみにバンガロールの町の中はこんな感じです。

インド町中

 

 

 

 

この日はインドの神様のガネーシャ像を購入しました。商売の神様なので、日本でもインド料理店などではよく見かけると思います。

 

ガネーシャ

 

 

なぜ顔が象さんなのかはこちらから

 

 

 

 

買い物を終えるといよいよ聖者(スワミ)がいる寺院(アシュラム)へ出発です。

タクシーで田舎を走ること3時間スゴイ運転でした

続きは明日