いつもポチッとありがとうございます。

「お金ができたらやろうと思います。」

「時間ができたらやろうと思います。」

人からこんな言葉を聴くと、“この人はずっとこのままだろうなぁ”と感じます。なぜなら、その後何年たっても、そういう人は同じことを言っているからです。

やりたいことをやらない言い訳に、お金と時間を言っている限り、実現する可能性は、高額宝くじが当たる確率と同じくらいです。もっとも宝くじを定期的に買っていればの話ですが。

お金も時間もなくても、やりたいと思ったときがベストのタイミングです。それを逃せば、その機会は永遠に失われます。

子供の時に周りの子供がよく、「勉強しないといけないから、遊びたいけど遊べない」と言っていたのを覚えています。
そんな時期から、自分のやりたいことを犠牲にすることを憶え始めれば、大人になって自分が何がやりたいのかわかならくなるのも無理ないかも知れません。もちろん勉強がしたかったら勉強をするのはいい事ですが。

私は子供の頃に、夏休みの宿題をまともにやったことはありません。いっぱい遊びたかったから。本を読むのは好きだったけれど、普段から宿題は全然やらなかった。やる意味も理由もわかならかったから。

だけど高校に行きたくなったので勉強し始めた。大学にいきたくなったので勉強した。やりたいことになったとき、初めて勉強し始めた。やりたくないことをしないことで、一回も困ったことはなかった。

19歳でどうしても留学したくなった。お金も時間もなかった。だから大学を1年休んで半年バイトして、半年留学した。

29歳でどうしても起業したくなった。お金も時間もなかった。だから仕事を辞めた。アイデアを実行に移してお金を稼いだ。

お金も時間もないときは、やりたいことをするのに良いタイミングだ。

読んだらポチッとお願いします