現在、何位かな?ポチッとよろしく。

人間の体には基本的に、果物・野菜食が合っています。
個人的には肉食は嫌いではないのですが、身体には合いません。

いくつかその根拠と理由をあげます。

⑴  霊長類の主食は果物と野菜

人間も霊長類です。消化器官もほぼ同じです。
他の霊長類の主食は果物で、他に葉、昆虫なども食べます。
しかしほとんど主食は果物、葉、根などです。
人間は基本的に草食動物と同じ消化器官と歯をもっています。

⑵ 筋肉を作る

動物性タンパク質が必須のように言われていますが、まったく根拠はありません。
そもそも動物性タンパク質を食べても、そのまま使うことはできません。
タンパク質をアミノ酸に分解して、アミノ酸からタンパク質を再構築して身体を作ります。

筋肉を作るための栄養は果物・野菜だけからで充分とれます。
オラウータンはほぼ果物しか食べませんが握力は500kg。
ゴリラもほぼ果物だけ食べて、片手で人間をボールのように投げることができます。
両者ともタンパク質不足と無縁です。

メッシは以前、
アルゼンチン式のバーベーキューが大好物で毎日のように食べていた。そしてとても筋肉系の怪我が多い選手でした。それをグアルディオラ監督から食事のバランスをとり、食物繊維を多くとるように指示されてから怪我は激減し、4年連続のバロンドール。


⑶ エネルギー効率

肉食はエネルギー効率がとても悪い食べ物です。
⑴でも説明したように人間の消化器官は、肉食に向いていません。
肉は消化吸収に時間がかかります。しかも消化のためにエネルギーがたくさん必要な食べ物です。肉食はエネルギー摂取するために、エネルギーをたくさん消費するのです。

例えばランニング中に肉を食べて、エネルギーに変化することはとても難しいです。
果物はすぐに消化吸収されてエネルギーに変えることができるので、ランニング中でも容易に食べられます。また風邪などで体調が悪い時にも、肉食は内臓に負担がかかり難しいですが、果物は負担が少なくて簡単にエネルギーに変えられます。


まだまだ理由がたくさんで書ききれないので、残りは帰国後に。

読んだらポチッとお願いします