現在、何位かな?ポチッとよろしく。

先日、知人の家で某メーカーの社長に偶然逢った。
遊んでいる息子に近寄って来たので、「こうくんが好きな◯◯作っているところのおじさんだよ。」と言うと、その社長さんは急に方向を変えて「いあや〜ちょっと、、」と何やらブツブツ言いながら、遠ざかってお酒の席に戻って行った。割と有名なメーカーの社長さんで、本も出しているし、テレビにも出ていてるので顔も出ている。

社長に親しい人に聞いた話では、最近売り上げが落ちているそうだ。
実際に社長に逢ってわかった。売り上げが落ちるのは当たり前だと。
目の前に自社の製品を買っているお客さんがいるのに、会社の代表自ら逃げていく。これでは自社の製品からお客が逃げていくのは当たり前。

社長の唯一仕事は、会社の方向を決めること。取引先でも、重役会でもなく、お客さんを基準に決めること。直接、お客さんと接する絶好の機会を無駄にしている。
この社長さんは何を基準に方向性を決めるのだろうか?

社長は全然会社に来なくても良いし、遊んでいてもいい。ただ24時間会社の方向性を考えて、それを決定すること。これは社長にしか出来ない。

ヴァージングループの創始者のリチャード・ブランソン氏は、自社の航空会社の飛行機に乗る時、必ず乗客全員と握手をして感想を聴くそうだ。そして問題点が見つかればメモをとって、すぐに改善するように意思決定する。

ソフトバンクの孫社長は、ツイッターでお客さんとやりとりして、要望や改善点があれば実現するように意思決定する。

伸びる会社の社長は、ちゃんと社長の仕事をしてる。