「これでいいのだ!」

豊かで楽しいスピリチュアル☆リッチな日々☆

「これでいいのだ!」 イメージ画像

ビジネス&マネー

現在、何位かな?ポチッとよろしく。前回の続き給料はあなたを豊かにしない。いくら頑張って給料を多く貰っても。理由はたくさんある。そのうちの1つ。もし、あなたの給料が問答無用で半分しか貰えないとしたらどうだろう?頑張って働いて得た給料の、半分の金額しか手元に

現在、何位かな?ポチッとよろしく。多くの人は、給料をたくさん貰えれば豊かになれると思っている。今よりも、もっと給料を貰えれば、もっと豊かになるだろうと考える。会社で給料をもっと貰えるように頑張って働く人もいる。起業してもっと給料を得ようとする人もいる。残

現在、何位かな?ポチッとよろしく。ほとんどの人は、お金について自分自身に制限をかけている。生涯で手にいれられるお金の上限は概ね決まっていて、お金を使うと、そこから減ると信じている。ほとんど無意識にそのように信じている。なぜならそのように育ったから。サラリ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。個人的に最も尊敬する起業家のサー・リチャード・ブランソンの公開講座が無料で見られるそうですそうです。私は3年半前に、ほぼ彼の話を聴くためだけにカナダのカルガリーに行ったことがあるくらい、とても好きな起業家です。2009年10月7

現在、何位かな?ポチッとよろしく。物質的な豊かさを実現するには、今すぐ自分の中にある《豊かさ》に氣づいて、それをしっかりと感じることが重要です。もしあなたがある金額のお金を欲しいのであれば、《その金額が実際にあればどんなことが実現すると思っているのか?》
『豊かさ』の画像

現在、何位かな?ポチッとよろしく。情報は持っているだけで使わないと、意味がない。情報は交換すると増える。キチンとした情報を発信したら、ますますキチンとした情報が自分に集まる。自分が本当に必要なことがわかったら、その情報が集まりだす。そして、お金は情報の一

現在、何位かな?ポチッとよろしく。お金で解決できる問題は、お金で解決する。お金は道具で、そのためにある。いやそのためだけにある。お金はその他の用途にはほとんど使えない。メモ帳としても、トイレットペーパーとしても、燃やすにしても。お金を使うのが勿体無いから

現在、何位かな?ポチッとよろしく。自分の成し遂げたいことをハッキリと明確にしたら、それに至る方法は自ずと明らかになってくる。ビジネスでも、何でも本当は、このように進展する。でもたくさんの人がHOW(方法)ばかり学ぶ。ノウハウをいくら学んでも、長期的にはほ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。豊かさも貧しさも、経済状況によるものではなく、意識のレベルからくるものです。「貧しさ」とはその性質として、自分に対する「制限ある自己イメージ」を特徴とするものだとわかります。その結果として自分が持つ資源が乏しくなるのです

現在、何位かな?ポチッとよろしく。「お金持ちはお金のために働かない。お金のために働くと貧乏になる。だからあなたはお金のために働いてはいけない。」これは今年の5月にロバート・キヨサキさんに逢った時に、彼が言っていた言葉。《お金持ちだからもうお金のために働かな

現在、何位かな?ポチッとよろしく。「好きなことで起業しよう」とよく聞く。そのこと自体に反対ではないし、以前は人にも起業するなら「好きなことをビジネスにしたら」と言っていた。最近、起業する人も以前より多くなってきた。わざわざ好きでもない分野で起業する人は少

現在、何位かな?ポチッとよろしく。「ビジネスを始める前、不安はありませんでしたか?」と聞かれることがよくある。誰でもやったことのないことやる前は不安ある。逆に自信満々で始める人はビジネスの厳しさわかってないのかなぁと思う。実際、だいたい数年でいなくなる。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。ビジネスしている人は、税金を無視することは出来ません。 サラリーマンであれば、会社が申告も納税も自動的にしてくれますが、ビジネスをしている人は全て自分で申告して納税します。普段から信頼できる税理士などのプロに任せることを

現在、何位かな?ポチッとよろしく。「儲かる話があります」って誰かに言われたら、100%警戒してください。誰が儲かる話なのか?ほぼ100%その話を持ってきた人が儲かる話ですから。「将来、絶対に値上がりします。」っていう話を持ってくる人がいます。普通に考えて、将来

現在、何位かな?ポチッとよろしく。ロバート・キヨサキ氏の会社倒産http://www.nypost.com/p/pagesix/rich_dad_bankrupt_dad_UNJgqVDYCEthW1TEAYYwXN現地時間の10月10日AM12:06 NEW YORK POST より今年の5月に一緒にお食事をしたロバート・キヨサキ氏の会社が倒産した

↑このページのトップヘ