週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

人間関係&コミュニケーション

他人と比較することは良いこと

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

他の人と自分を比較することは良いことです。
他の子と自分の子を比べるのも良いことです。

他の人と比べない限り、自分のことはわかりません。
例えば、「180cmあって、他の人と比べて背が高い方だ。でもオランダに行ったらオランダ人の男性平均身長だったので、普通くらいだった。」とか。

他人と比較することに何の問題もありません。健全で自然なことです。
問題なのは、比較することで卑屈になったり、高慢になったりすることです。
他の人と比較して、自分のことを客観的に知ることは、とても重要です。

ビジネスでも同じです。
自分のビジネスは他と比べて、客観的にどこが優れているか?
比べて優れているところがなければ、長続きしません。

読んでよければシェアしてください☆

他の人、自分のこと。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昔から、他の人からどう思われているか?などほとんど氣にならない。
小さい時は体も悪かったから運動も全然ダメで、勉強も全然ダメで、馬鹿にする人もいたと思う。多分。
氣にしてなかったからあまりわからない。

他の人のことを羨ましいとも思わなかった。
他の人から批判されても、氣にならなかった。
他の人から褒められても、それほど氣にならなかった。
他の人に関心があまりなかった。どうでもいいことだった。

昔からから自分のことに関心があった。
自分が自分のことをどう思っているか?
自分の理想に自分自身がなっているか?

自分が自分のことを氣に入っていれば、他の人からの評価は良くても悪くてどちらでも良かった。
今でも変わらない。

人があなたをどう扱うかではなく、自分がどう振る舞うかを氣にかけなさい。
スリ・ダヤ・マタ 

家族の在り方

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

うちの家族の考え方はチーム。
何のためのチームかと言えば、メンバー(私、奥さん、息子)の幸せのため。メンバーの豊かさ、楽しさ、喜び、を最優先させるため。
あらゆることをチームで話し合いながら決める。もちろん、現在4歳の息子も、もっと幼い時からチームに参加して、貢献して、あらゆることを一緒に決める。例えば、住む場所、仕事内容、遊びに行くところ、食事、旅行、買い物、、、。
全員の要求が満たされる。私は奥さんと息子にいつも幸せであって欲しいし、奥さんは私と息子にいつも幸せであって欲しいし、息子はパパとママにいつも幸せであって欲しい。なので利害が衝突することもなく、最高のチームワークで毎日幸せで豊かで楽しい。
家族のために犠牲になるという発想は全然ない。

そして、それぞれに個人的な時間もキチンととっている。

真実のイメージ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

あなたは、裏切られたり、騙されたり、傷つけられたりする。
あなたはそれを現実に体験しているように感じる。
それはただ「真実はこうであって欲しい」というあなたの勝手なイメージが誤りだっただけ。
そのことを真に理解すれば、そのような経験は終わります。
 
読んだらポチッとお願いします。

自由と制限

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

結婚してから自由が増えた。
子供が生まれてからもっと自由が増えた。

殆どの人は、結婚して、子供ができて自由がなくなったという。
殆どの人は、本当の自由を知らない。
他の影響でなくどれだけ自分自身で自由を制限しているかを、殆どの人は自覚していない。そして、それを氣づかせてくれる大切な存在に対して、自分が何か出来ない言い訳に使う。


残席わずか【公開チャネリング】 
http://www.spirich.jp/love.html
2013年2月17日、ザ・リッツ・カールトンスイート

読んだらポチッとお願いします。

【メッセージ】人間関係

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

あなたは自分が望んでいないのであれば、誰の期待にも応える必要性はありません。

相手が望んでいないのであれば、誰もあなたの期待に応える必要性はありません。

このことが真に理解できれば、人間関係で困ることはほとんどありません。

読んだらポチッとお願いします。

パートナー

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

結婚相手は、自分にピッタリだと思って選んだが、自分と全然違うということを発見することになる。スピリチュアル的に学びあうのにピッタリの相手になる。
感情が一番揺れ動く相手になることが多い。

自分とは反対の性質を持つ人と一緒になることが多いので、色んな感情になる。
ポジティブな感情(感謝・愛・喜びなど)になるか、ネガティブな感情(怒り・悲しみ・嫉妬など)になるかは、相手ではなく自分次第。

私はせっかち。奥さんはゆっくり。とてもペースが合わない。
自分だけでは、わからないことを経験することになる。
息子君もせっかちなので、最近は奥さんの方が大変だろうなぁと思う。

読んだらポチッとお願いします

敵と味方

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

『挨拶』って、とても重要です。
息子にも「おはよう」から「おやすみ」まで、あらゆる挨拶を楽しんで出来るようにしています。実は挨拶は人間関係でとても重要なことです。
人間関係が苦手な人の多くは『挨拶』も苦手です。

『挨拶』は、人間が進化の途中で敵味方を判別するのに重要でした。
見知らぬ人間に出会った時に、自分の知っている挨拶の方法を相手がしてきたら、それは味方で安心できるというサインでした。

反対にこちらが挨拶しても、返してこない人物は敵の可能性が高いので、警戒するように脳は判断します。つまり挨拶しない人は、他の人から無意識に敵と判断されているのです。これでは人間関係がうまくいくはずもありません。

例えば外国に行った時に、その地域の挨拶を自分からすると、全く見ず知らずの人でも明るく迎えてくれます。その時、相手の脳は自動的に「あっこいつは味方だな。」と判断しています。

反対に、例えば隣に引っ越してきた人が挨拶に来なかったりすると、普通の人は嫌な感じを受けます。それは自動的に脳が「挨拶しないやつは敵だ」と判断しているからです。

挨拶一つで、敵と味方を創ることを覚えておくと便利です。

えこひいき

いつもポチッとありがとうございます。

学校で教えられることと、社会に出てから重要なことは、反対のことが多い。
そのひとつは、“えこひいき”。学校では“えこひいき”はいけないと教えられる。

しかし、社会に出てからは“えこひいき”されないと困ることになる。

あなたがサラリーマンだったら、上司に“えこひいき”されないと昇級も昇進もなくリストラされるかも知れない。
あなたがビジネスをしていたら、取引先や顧客から“えこひいき”されないと存続できない。
あなたがお店を持っていたら、お客さんから“えこひいき”されないと潰れてしまう。
あなたが芸能人だったら、監督やプロデューサーに“えこひいき”されないと食っていけない。
あなたがスポーツ選手だったら、監督や仲間やファンに“えこひいき”されないと出番がない。

あなたが公務員だったら、“えこひいき”されなくてもやってはいける。
だから学校では“えこひいき”はダメだと教えられる。

読んだらポチッとお願いします

お金持ちと結婚したい女性

いつもポチッとありがとうございます。

お金持ちと結婚したい25歳の女性の質問に、実際のお金持ちの投資家が回答しています。
かなり現実的でシニカルな回答で面白い☆
http://media.yucasee.jp/posts/index/9477?la=0006


読んだらポチッとお願いします

男女関係

いつもポチッとありがとうございます。

男性からモテているのか、SEX目的で近寄られてるのか、わからない女・・・

女性からモテているのか、お金目的で近寄られてるのか、わからない男・・・

どちらも痛い目を見る。

読んだらポチッとお願いします。

情報氾濫

いつもポチッとありがとうございます。

関東と関西では周波数が違うので、関電から東電に変電して送れる上限は100万キロワット。つまり関西で節電しても(節電することはいいことだけど)関東での電力不足に貢献できることはない。このことは義父(電力会社勤務)に確認した。

ネット上で様々な情報が溢れている。
この1週間、デマやいたずらに不安を煽る情報、便乗商売、チェーンメールがたくさんあった。

ごく少数、しっかりした内容の情報もあった。
出所のはっきりしない情報は信頼しない方がいい。

読んだらポチッとお願いします。

家族のいいわけ

いつもポチッとありがとうございます。

やりたいことができない理由に、家族を言い訳にする人がいます。家族のせいにしている限り、その人はやりたいことができる日は来ません。“人のせいで自分のやりたいことができない”ということはありません。

ただ本人がそこまでやる氣がないだけです。

本氣やりたいなら、誰に止められても、止まるものではないからです。


いてもたってもいられなくなって、高校一年の一学期で退学届を叩きつけて、単身アメリカに行きました。実はそのとき、父は血を吐いて入院していました。身を切られるような思いでしたが、母に泣かれても、担任に止められても、世間から冷たい息子だと言われても、私の意志は固かった。これから何十年も続く人生のことを考えたら、いま行かなくては、と思ったのです。
孫正義

PRESIDENT (プレジデント) 2010年 8/16号 [雑誌]PRESIDENT (プレジデント) 2010年 8/16号 [雑誌]








読んだらポチッとお願いします

自己評価

いつもポチッとありがとうございます

自分のことが客観的にわからない人がたくさんいます。
自分のことを過大評価しているか、過小評価しているかのどちらかです。

自分のことを過大評価して、「自分はすごい」と勘違いしている人がいます。社会や他人が自分のことを正当に評価していないと思っています。
こういう人は、文句や愚痴が多いのが特徴です。

自分のことを過小評価して、「自分なんて・・」と卑屈になっている人もいます。
自分に自信がなく、一緒にいると氣が滅入ってきます。
こういう人は、謙虚と卑屈の違いがわかっていません。

過大評価でも過小評価でもなく、自己をキチンと認識することは、何事をするにおいても重要になってきます。

読んだらポチッとお願いします

人生を好転させる

いつもポチッとありがとうございます

環境や状況、他の人を自分の思い通りにしようとしても、ストレスがたまるだけで、人生はまったく好転しません。

思い通りにできるのは、自分だけです。
それも練習しないとできません。
自分を思い通りコントロールできるようになれば、人生も思い通りになります。

例えば、仕事の人間関係や環境が氣に入らない場合も、自分自身の能力や人柄を、充分に磨いていれば、仕事を変えることも容易です。
自分自身に取り組まずに、仕事だけ変えようとしても、仕事の方が無くなってしまう可能性があります。

毎日少しづつでも、自分を思い通りに動かす練習をしましょう。毎朝、毎晩の瞑想はとても役に立ちます。


読んだらポチッとお願いします

 

livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント