週休6日 スピリチュアル☆リッチ

豊かで楽しいファミリーファーストな日々☆

その他

これでいいのだ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

7年前に書いていた記事。
http://blog.master-takao.com/archives/51293122.html

あれから7年。
今日、ついにバカボンのパパと同じ歳になった。
氣がつけば子どもの頃になりたかった状態になってた。
毎日、家族で遊ぶ日々。

この1年だけでも、かなりのことが実現した。
春には家族でグアムへ。
奥さんは10km、3歳の息子は5kmレースを走った☆
http://blog.master-takao.com/archives/52299166.html

夏は家族で沖縄へ。
http://blog.master-takao.com/archives/52295124.html

そして秋には家族で北米3週間。
http://blog.master-takao.com/archives/52319379.html

先日は録画機能付4kテレビが無料で家にやって来た。
今日は新車が家にやって来た。

実はこれからの1年はもっとスゴイことになるのが決まっている、、
楽しみだ☆

なぜテロリストは増えるのか

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

何が正しいか、間違っているか、ということではなく、自分の知っていることを書くように告げられたので書いておく。

テロリストの数は年々増えている。
実際に9.11以降、テロとの戦いが本格的に始まって以来増え続けている。
アルカイダと戦い、ビンラディンを取り除いたにも関わらず。

実はアルカイダを産み育てたのは米国。
冷戦時代のアフガン紛争時、ソ連に対抗するため米国が資金提供して訓練した。
そして湾岸戦争後に敵対することになる。


イラクは米国と敵対してこなかった。
それどころか米国は、反米国イランと戦争するイラクに資金や兵器の援助さえしていた。

その後、米国はイラクが大量破壊兵器を隠し持っているとして戦争を開始。
イラクは米国に対して何1つ攻撃していないにも関わらず。
大量破壊兵器は見つからず(存在しないのだから)、大義は独裁者からの解放にすり替わる。
そしてサダム・フセインを排除する。
本当の自分たちの狙いについては一切明かさずに。

つい先日、米国の空爆で3人の幼い子どもが犠牲になった父親のドキュメンタリーを、テレビで観た。4人いた幼い子どもの中で残ったのは7歳の長女のみ。怒りと悲しみで混乱する父親の10年を追った生活の記録だった。平和に暮らしていたところに突然の空爆。その後は“独裁者からの解放者”である米国兵が、テロリストと見分けがつかない為に民間人に銃を向ける中での生活。この父親がなんとか自分を保ち、生活を取り戻そうとするのは7歳の娘がいるから。
空爆で子どもを全員殺されたのであれば、テロリストになってもおかしくない。

同じ父親として、自分だってそうするかも知れない。
平和に暮らしていたところに、突然、爆弾を落とされて家族や子どもを殺されて、それでいて「安倍政権の圧政から解放した」と言う外国人兵が銃を構えて日本に居座ったとしたら、どうするだろうか?

イラク空爆とその後10年間の占領中に、少なくても数十万以上(120万人とも言われる)の民間人の犠牲者を出す。米国に対して何1つしていない国の民間人に。
家族を殺されたの人たちの何割かは、テロリストになっていく、、空爆以前にはイラクにいなかったテロリストに。


宗教が問題ではない。
以前は米国に敵対する人がいなかったイラクには、現在、多くのテロリストが存在している。

読んでよければシェアしてください。

サンディエゴ 

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

この前に行ったカリフォルニア家族旅行のつづき。
http://blog.master-takao.com/archives/52315311.html

DSC06195













移動したホテルはグランドハイアット☆
ロビーの天井がとっても高くて部屋からの眺めが抜群。
DSC06129DSC06116










シーポートヴィレッジに面しているので散歩に最適。DSC06142














そのまま海岸線を歩いて戦艦ミッドウェーに入ります。
10676154_856816044342473_3970900300479769825_n













色んな戦闘機のコクピットに乗れます。
DSC06161















ホテルの近くで買ったタコを揚げたり。
DSC_2506













水陸両用バスに乗って野生動物を観に行ったりした。
便利な場所に宿をとったのですべて歩いて行ける。
DSC_2468DSC_2478










続く、、と思う。

エクスペディアは要注意!2

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

エクスペディアは要注意!の続き。

前に書いたエクスペディアとのトラブルのことを日本旅行業協会に相談してみた。
エクスペディアホールディングスも会員登録されている
http://www.jata-net.or.jp/
この協会は旅行に関する苦情解決業務も行っている。

そこでわかったことは、、、

エクスペディアの苦情は非常に多い。
近年特に酷くて消費者に非がないと思われるケースがたくさんある。

協会の会員企業とのトラブルの仲介はしているが、このエクスペディアという会社は日本には存在していないらしい。協力会員のエクスペディアホールディングスは「サイト運営」は米国の会社で当社は関係ないの一点張りとのこと。

日本で認可されている旅行業者ではなく、会社も日本で存在しないので、エクスペディアとトラブルになっても、手の出しようがないと。一応、国民生活センターを紹介された。
彼らとのトラブルの解決は集団訴訟くらいしか道はないらしい。

ようするに海外のポルノやオンラインカジノなどと同じようなもの。利用してトラブルになった場合、国内では何ともしようがないらしい。

普通に宣伝しているし、ちゃんとしたサイトだと思って知らないで利用すると痛い目にあうかも知れない。

読んだらポチッとお願いします

アメリカンな感じ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

こちらにきて感じた「※アメリカンだなぁ」をまとめてみた。
(※おおざっぱ、いい加減な感じのこと)

 2014-11-29-07-03-00












ますはスタンダードにごはんの量がアメリカン。どんだけ食べるの?
とにかく注文しすぎに注意。ちなみに2人で一人前のチャーハンめっちゃ余った。
冷たい飲み物にも注意!Sで頼んでも日本のXLくらいはある。


2014-11-30-04-18-05












トイレがアメリカン。
けっこうなホテルのトイレでもペーパーがものすごく届きにくい。
写真は体を相当捻らないと取れない位置にあるが、まだマシで真後ろの時もある。
ちなみにシャワーの出し方の基準はホテルでバラバラで、押したり、引いたり、捻ったり、色々なバージョンが存在する。慣れない人はあらかじめホテルの人に聞いた方がいい。でないと裸で苦戦することになる。排水はほとんどどこでも極めて悪い。


2014-11-29-06-01-03












カーナビがアメリカン。
写真はハーツレンタカーの付属のカーナビ。
無茶苦茶な位置に取り付けてある。おまけに画面が小さい。これをまともに見ようと思ったら前は全然見えない。ネバーロストナビゲーションシステムという名前の割にはしょっちゅう現在地がズレてわかんなくなる。カーナビを見てくれるナビの人がとなりにいないと、あまり役に立たない。
アメリカンは、運転が下手な割にハイウェイをすっ飛ばしてくるので慣れるまで怖い。


2014-11-25-11-43-01
















バスローブがアメリカン。
ヒョウ柄。これを普通に着こなせる日本人はダイヤモンド☆ユカイさんくらいだろう。

結構いろんなことが、いい加減で、おおざっぱ。
交渉次第で融通がきくので便利なこともある。

留学時代に運転免許の筆記試験に来た時、1度目は落ちた。
試験官がその場で採点し始めて一言、「もう一回受ける?」
「受ける」と答えるとなんとさっきと全く同じ問題を持ってきた。
さっき、目の前で採点してたのだから答えわかってるんだけど、、、
当然合格した。

帰ってからホストファミリーに「どう受かった?」と聞かれてなんと答えたらいいか迷った。

読んだらポチッとお願いします

エクスペディアは要注意‼︎

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

長期海外旅行にくると、たまになんらかのトラブルが発生する。
例えば以前はこんなのがあった。

今回はエクスペディアと。

昨日までサンフランシスコのホテルに泊まっていた。
本当は6泊する予定だったが、2日目の夜中に上の階から物凄い騒音がした。ドンドン響くしあまりに酷い。他の部屋からも何事かと外に出てくる人もいた。上階のフィットネスの掃除を始めたらしい。
すぐにクレームを言うと、しばらくして止んだ。
ちょっとこのホテルはないな、と思ったのですぐにホテルを移る手配を始めホテルに伝えた。

今回のホテルはエクスペディアを通じて手配した。メールで来た旅程表の見ると途中の変更も大丈夫だ。一応、確認しておこうと思って国際電話してみると「チェックイン時に100%の料金が発生する。途中で変更しても100%かかる。」とのこと。

「どこにそんな内容が記載されているのか?」と尋ねると、

「旅程表にもオンライン上にも載っている。」と。

「両方、今見ているがどこにも載っていないが。」と言うと、

「載っている。今からその旅程表をメールで送る」とのこと。

これ以上、国際電話で押し問答するのも無駄なので、じゃあ送ってくれと伝えて電話を終えた。送ってきた。自分の持っている旅程表と全く同じで、どこにもそのような記載はない。
奥さんと2人でオンライン上の予約画面を調べても載ってない。

なのでエクスペディアにその旨をメールした。
すると翌日、返信があった。
内容を要約すると、弊社の規定は旅程表に記載してある。よく読んでくれ。
そして新たな旅程表が送られてきた。そこには今までになかった《チェックイン時に100%の料金が発生する》との記載が追加されている。
これはちょっと酷いので、内容を改ざんしたものを事後に送ってこられても無効だと返信する。

するとまた返信があった。
改ざんや追加などなどしていない。システム上そんなことはできない。
あなたは予約確定前に当社の規定に同意するにチェックしている。そこにはそのように記載してある。とのこと。

なのでメールをまた書いた。
改ざんや追加などしていないのであれば、一回目に送られてきた旅程表と2回目の内容はなぜ違うのか?
HPの予約画面にも、メールの旅程表にも、途中の変更できる旨を記載しておいて出来ないのはおかしいと。
以下のサイトを参照

何回か押し問答メールをしているが、恐らくラチがあかないだろう。
なぜなら【エクスペディア トラブル】 で検索したら、山のように遥かに酷いトラブルが出てきたから。
中には、返金を約束しておいて未だに返金されないとか、ホテルとエクスペディアに料金を2重で取られたという信じがたいものある。

今までに便利だから利用してきて、特にトラブルはなかったが、一旦トラブルになったらものすごい面倒な会社だ。
料金も最安値保証と書いてあっても、実際はホテルや航空会社のHPで直接取った方が安かったりするし、何よりも直接だと変更やキャンセルでトラブルことはほぼ無い。
今後、エクスペディアを利用することもないし、これを読んで利用したいと思う人もあまりいないだろうけど、万が一、利用してトラブルになってしまった人のために、今回の自分たちの対応を参考に書いておく。

それはとても単純。カード会社に連絡して事情を話しその分の支払いを止めてもらう。
これをカードの支払いが終わるまでに完了すること。もし支払った後だと後の祭り。
適正な料金の請求が来るまで支払いは拒否する。
 
例えエクスペディアに後から返金すると言われても、信用できないようなので、カード会社でストップする方が安全だ。

サンノゼ〜サンディエゴ

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

サンノゼから飛行機で移動してサンディエゴにやって来た。

サンノゼでは4日間ほぼホテルにいた。4歳の息子くんがめずらしく熱をだしていたから。今まで4年間で2回くらいしか熱など出たことがないのに。出国前日から熱が出だして治まったりまた出たり。
なのでサンディエゴへ移動の前にカードの保険を使って現地の医者へ。結果はウイルス性で喉がやられていると。お薬で3日もすれば治るとのこと。クリニックには薬局がないとのことで、どこで手にいれようかと思っていたらなんと滞在ホテルの隣りはドラッグストア。そこで処方箋の薬をゲット。まるで計画してたのかのようなスムーズさで混乱なく対応できた。

2014-11-12-10-27-08









日本出発のANAのビジネスシートで1人で寝ようとする4歳児


移動が大丈夫なのでチケットをとってサンディエゴに移動。
飛行機はサウスウエスト。日本ではあまり知られていないが、アメリカでは熱狂的なファンが多い。
社員第一、顧客第二」を掲げて超ユニークな経営をしている。



911で全米の航空業界の各社が大打撃を受けているなかレイオフ(解雇)なしで唯一黒字で乗り切る。熱狂的なファンの顧客から会社に多くの寄付が集まったという。世界で最も安全な航空会社10社に選ばれている。
座席は全て同じで、いずれも低料金。席の指定すらない。席はなんと早い者勝ち。チケットにはゲートに並ぶ順番が書かれているだけ。好きなところに座る。
満席だったけど混乱もなく出発。

サンディエゴに到着。
20年前に留学で半年間住んだ町。あれから何回か訪れて永い付き合いになった。
ホテルに入ると凄い騒音、内部を改修工事してるらしい。部屋に入るがこれでは6日間キツイと家族で意見が一致。キャンセルして隣のホテルへ行くことに。キャンセルの交渉中もうるさくて会話しずらい。
フロントが何を言ってるのか聴き取れない。「え?何だって聴こえない」というと、デカイ声で「うるさいからキャンセルするのか?」だって。「That's right」と言うとキャンセルチャージはなしになった。

そして隣のホテルにお引越し。
2014-11-15-07-38-41


















元々、どちらのホテルにしようか迷っていたので、スムーズに移動できた。
さらに何故だかとてもお得な価格で宿泊できることになった。

2014-11-15-13-13-26









読んだらポチッとお願いします

旅行の目的

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昨日からサンノゼに来てる。

ANAのビジネスクラスでフルフラットだったけど全然眠れなかった。奥さんもあまり眠れず。
息子(4歳)は寝れたようで良かったけど。ビジネスマンに向けた完全に個別の席だったので、1人で大丈夫かと思ったが、心配なかった。

スティーブ・ジョブスの出身もほど近いここは、シリコンバレーの有名IT企業本社が多い。
アップルやインテルにも行ってみようか。

スティーブ・ジョブスは、自分のipadにたった1冊しか電子書籍を入れていなかったことは有名。
それがこの本。

あるヨギの自叙伝
パラマハンサ・ヨガナンダ







もし無人島に1冊しか本を持っていけないとしたら、自分はこの本を選ぶだろう。

今回の旅のメインは、この聖者の寺院に家族で行くこと。
その場所は、何も知らずに20歳の時に留学していた場所から、なんと車で30分位。
この広大なアメリカで車で30分は、偶然ではありえない距離。何事もご縁と導き。

いつもの家族での旅は2週間でも1つのホテルに滞在することが多いが、今回は3週間で様々なホテルを廻る予定。ランクも様々で3つ星から5つ星まで。シリコンバレーから聖地、リゾート地、レゴランド、ディズニーランド、、、とバラエティ豊か。

昨日から滞在のホテルは古き良きアメリカな感じのホテル。
広い部屋をとったけど、レンジやキッチンがついている。
なんとも懐かしい雰囲氣を愉しめる。
となりにドラッグストア、歩いてすぐにベジタリアン対応のとっても美味しいお寿司屋さんがある。
楽しんで行こう。

知識、情報

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

ほとんどの問題は、キチンとした知識、情報の欠如が原因です。
逆に言えば、キチンとした知識、情報があれば、ほとんどの問題は避けられます。

金銭的、人間関係、ビジネス、健康・・・ありとあらゆる問題のほとんどは、キチンとした知識、情報があれば避けれるのです。キチンとした知識、情報を学ばない限り、何回も同じ問題が起こります。

自分が現在していること、これからしようすることに関して無知であると、問題が生じる可能性が高くなります。特にあらあゆる契約書(婚姻届も含む)等に署名捺印する場合は、キチンとした知識、情報は必要です。そうでないと大きな問題になる可能性あります。

ちょっと困ってる。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

正直、なんの不自由もない。
お金にも困ってないし、パートナーにも困ってないし、子育てにも困ってないし、健康にも困ってないし、時間もたっぷりある。今現在も、将来も困ることはない。

なので、変な告知メールやお知らせを送ってこないで頂きたい。
迷惑メールだけには、ちょっと困ってる。

読んだらポチッとお願いします

大したことはない。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

「自分の家族が元氣で生きているのであれば、それ以外のことは別に対した問題じゃない。」

そういうメンタリティを祖父からうけついでいる。
http://blog.master-takao.com/archives/52162454.html

読んだらポチッとお願いします

沖縄行きます。

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

突然ですが、沖縄行きます。
興味のある方は、お逢いしましょう☆



読んだらポチッとお願いします

ヴァージン シンガポール

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

日本に帰ってきました。

今回は1週間のシンガポール滞在。
前半は家族旅行、後半は3日間のイベントにでる予定でしたが、終わってみれば全日程家族旅行になりました。最終日の最後のサー・リチャード・ブランソン氏の講演以外は全てスキップして、家族で遊んでました。

DSC02226










講演の中で、ビジネスに関する質問にたくさん答えていたリチャード。
一番印象に残ったのは講演終了後、VIP席で参加した人の交流会の場。

リチャード、「最後に1つだけ質問はないかい?ビジネス以外のことで」

質問者、「家族の成功について教えてください」

リチャード、「家族は他に比べるものがないくらい大切だ。優先順位というか、それを越えていつでも一番で他に置く所はない。代わりはないんだ。」

彼は世界中に展開する大企業の社長ですが、いつも家族を中心にしてきたそうです。
家で仕事をして、子供と会社は一緒に成長したと。
どんな大切なミーティングの電話でも、子供のおむつを交換しながら話していたというリチャード。

ビジネスのために家族を犠牲にするとい発想は、彼には微塵もない。
それでいて、ヴァージングループと言う巨大企業を創ってる。
そんな姿勢が一番好きなところ。
今回もたくさん得るものがあった。


私のビジネスをしたいという意志の根幹には「楽しさが」があり、それが私が初めからやってきたことのすべての核心をなしている。他のどんな要素よりも、「楽しさが」がヴァージンの成功の秘密である。サー・リチャード・ブランソン

ヴァージン―僕は世界を変えていく
ヴァージン―僕は世界を変えていく

読んだらポチッとお願いします。

シンガポール4

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

昨夜は今回のイベントに日本から参加している人達の懇親パーティーがあった。
100名弱くらい。この前まで泊まっていたマリーナベイサンズがよく見えるお店。

画像1










ホリエモンもほんの少しだけきて、すぐに帰った。 
電力会社の社長さんなども参加されていて、お話しして楽しかった☆ 
色んな人が来ていたが、さすがに一人のスピーカーの話も聞いていないのは、自分だけかも。 

こちらに来ても、結局毎日プール☆ 
 
 画像1










こちらに来て一番驚いたのは、この数日間で2歳の息子の泳ぎがみるみる上達していること。
さて今夜でシンガポールも終わり。

いよいよ今夜はあの人の登場☆
4年前にカルガリーで拝見して以来。楽しみだ。

読んだらポチッとお願いします。

シンガポール3

現在、何位かな?ポチッとよろしく。

今回は「NAC」というイベントにきたので会場に近いホテルに移動。
とても使いやすいかわいいホテルだ。
キッチンも付いていて、テラスには巨大なハンモックがある。

画像1









画像1










イベントは3日間。
7000人参加とか聞いていたが、どう見てもその半分もいない。
登場するスピーカー達は、売り上げの上げ方、収入の増やし方などを熱心に話しているが、あまり興味がわかない。今回は最終日の最後に登場するサー・リチャード・ブランソンがお目当てなので、その他はほとんどスキップすることにしよう。
livedoor プロフィール
Takao Oga

バナーを作成
記事検索
Archives
ツイッター
最新コメント